英語が合っているか分からない:英語の自信はライティングでつく!

シェアする

あなたは、自分の英語に、自信をもてますか?

私は以前、モウレツに、自信がありませんでした^^;

「英語は間違えてもいいから、とにかく話すことが大事!」

と、言われたこともあります。でも、あまりに間違えていたら、やっぱり恥ずかしいですよね。しかもそれが、ミーティングだったりなんかしたら・・・。

じつは、わたしは英語が通じず、みんなの前で アメリカ人に眉をひそめられ、発言を完全スルーされたことがあります。そのとき以来、英語が怖くなってしまいました。

留学と違って、大人が英語を話さねばならないときは、つねに「本番」

「正しい英語で自信をもって、話したい!!」そんなあなたに、おすすめの方法をご紹介しますね。

それは、英語を「書く」ことです。

英語のアウトプットは「話す」と「書く」両方大事

英語を書くことで分かること

英語は聞いたり話したりするだけでは、「話せる」ようになりません。

一般的なTOEICのテストは英文法力、英単語力、読む力、聞く力がのびます。

ですが英語を話せるようになるには、やっぱり英語を話す練習が必要です。

さらに、「正しい英語」を話すには、話すだけではなく、「書く」練習が必要。

というのも「英語で書く」ことで、自分の英語をもう一度 客観的に確認して、間違いに気づくことができるからです。

私は以前は、毎日英語で日記を書いていました。

自分で書いて、自分で見直して、添削をすると、自分がよく間違える場所がよくわかります。

すると、話しているときにも、その場所が意識できるようになります。

自然と、間違えないようになっていきます。

いい方法なので、自分が英語を教えている教室でも、生徒さんにやってもらっていました。

具体的におすすめの方法をご紹介しますね。

英語で日記を書いてみる

一番やりやすいのは、日記を書くこと。

例を挙げて、ご説明しますね。

① まず、週末にあったこと、英語で書いてみてください。

たとえば、こんな感じの1日だったとします。

「朝7時におきて、朝ご飯をたべて、そして買い物にでかけて、友達と会った。

彼女は私の親友のひとり。私は、彼女のことが大好き。彼女も私のことが好きだと思う。」

ではそれを、書いてみてください。

実際に生徒さんに提出してもらったのは、こんな感じの文章でした。

“I wake up 7 a.m. and eat the breakfast. Then I go to shopping.. and met with my friend. She is my best friends, and I like she so much. she like me too. ”

② では、これを自分で直してみます。こまかい間違いも見つけてくださいね。

“I wake woke up 7 a.m. and eat ate breakfast. Then I go to went shopping.. and met with my friend. She is one of my best friends, and I like she her so much. I think she also likes me too.”

間違っているのは、主に、こういった部分です。

  • 時制の間違え(woke, took)
  • 三人称のSがない間違い(likes)
  • 代名詞の使い方(like her so much)

どうでしょう。

これぐらいの間違いなら、自分でも、ある程度直せそうじゃないですか?

でもこれ、英語で話しているときにも、気づかずやってしまいそうな間違いですよね。

もちろん、英語で話しているとき、これぐらいの文法ミスがあっても大丈夫。言いたいことは、通じます。

ですが、正しくはない英語 には違いありません。

話しているばかりでは気づけない、なおせない、こういった間違いも、英語を書くことで気づくことができるんです。

正しい英語で話すには、英語を書いて、自分の英語を「客観的」に修正をする。

これを繰り返すことで、自分が知っているのに よくやる間違いを、劇的に減らせます。

分からない英単語はすぐ調べない

英語の日記を書くとき、もうひとつ大事なポイントがあります。

英単語がでてこないときに、辞書をひかないこと。

「あれ、知っているはずの英単語なのに・・・!」

と苦しい思いをしますが、そこで、うんと悩んでストレスを感じてください。

そして、できれば、違う表現で書いてみてください。

というのも、英語で話すときには、辞書で調べている暇なんてありません。

英単語がでてこないときは、表現を変える

これが素早くできるようになると、実際に話すときにも、英単語が浮かばなかったときに、とっさに言い換えができるようになるんです。

わからなかった英単語は、あとで自分で文書を添削するときに、調べます。

こうすることで、英単語をすぐに調べてしまうときより、記憶できる確率が、あがります。

というのも、物事を記憶するトリガーは「感情」

感情的にストレスを感じたうえで覚えることで、英単語が強く記憶に残るようになるんです。

分からないとすぐ調べたくなっちゃいますが^^;

わざと、自分で自分をじらして、英単語を効果的に覚えていきましょう。

書いた英語を人に見せる

英語の添削サービス

自分で自分が書いた英語をなおすことはできますが、でも、それだけだと心もとないですよね。

私は一時期、英語の添削サービスを利用していました。

現在おすすめの英語添削サービスは、【 HiNative Trek 】



流れは、こういった形です。

① メールとpush通知で、毎朝課題の到着をお知らせ。

② 課題に回答しましょう。英作文と音声を投稿します。

③ 投稿後、文章と音声でそれぞれ模範解答が確認できます。

④ その後、先生から個別フィードバックが届きます。

⑤ 回答に対してわからないことがあったら、先生に聞いてみましょう。

月々9800円、毎日やれば、1日320円程度。

やるなら毎日、ですね^^

3ヵ月やれば、だいぶ力がついてきます。

SNSで英語で投稿してみる

もうひとつ、英語で書く練習におすすめなのが、SNSに投稿してみること。実際に「書いた英語」でコミュニケーションができると、楽しいですよね。

おすすめは、以前 ご紹介したSNSサイト「LinkedIn (リンクトイン)」

気になる英語のグループに登録します。すると、他の人の投稿に、コメントを入れられるようになります。もちろん、自分も投稿することができます。自分が得意な分野であれば、色々と書けますよね。

SNSのコメントは、だいぶ軽い書き方も多いかと思います。

ビジネスメールだけでは分からない、やわらかい書き言葉も使いこなせるようになりますよ。

まとめ:英語を書く ことで自信がつく

今回は、英語を書く というアウトプットについて書きました。

◆おすすめは、日記を書くこと。これを自分で見直してみること。

分からない英単語は辞書をひかず、表現を変えて書いてみること。

◆有料の添削サービスを利用してみるのも、おすすめ。

やる!と決めた期間、できれば3ヵ月。毎日英語を書くと、力がどんどんつきます。

◆SNSで英語で投稿して、「書く」英語でコミュニケーションをとるのも、おすすめ。

反応があると、英語で書くのが楽しくなります。外国人の知り合いもできるかもしれません。

記事のなかで、なにかひとつでも、参考になることがあれば嬉しいです。

あなたの英語が、どんどんアップしますように♪ 応援しています^^