赤西くんの英語が上手に聞こえる理由はコレだった!カタカナ英語がすぐなおる方法

シェアする

こんにちは、くまこです。

私はひどい英語で会議でスルーされてから、英語が苦手になりました。

その後「死ぬかも!」と思ったことがきっかけで、もう一度英語をやりはじめました。

いいたいことが英語でいえないことにくわえて、私には、もうひとつ、英語に関するふかいなやみがありました。

それは、自分のひどい、英語発音

まるっきりのカタカナ英語だったんです。

ですが、フォニックスと出会ったことで、英語の発音をなおすことができました。

カタカナ英語で受験を突破

私の英語発音は、たぶん、英会話の先生などなら 頑張って理解しようとしてくれるレベルでしょうが・・

実際英語でコミュニケーションをする場では、「はぁ? 何言っているの!?」というレベルでした。

じつは私は、学生時代、英単語をすべてローマ字読みして、カタカナとして暗記しました。

テストの点数は悪くなかったのですが、おかげで、英語の発音はめちゃくちゃでした。

たとえば、eraser (消しゴム)っていう単語。

ただしくは、「イレィサー」ですよね。

でもわたしは本気で、この単語を、「エラセ」頭の中で発音していたんです。

こんな方法でたくさんの英単語を覚えた私は、独自の勉強法をあみだして、塾にはいかずに受験を無事突破。

志望校すべて合格し、第一志望の早稲田大学文学部にすすみました。

そのときはうれしくて、自分の勉強方法に疑問をもっていませんでした。

ですが次第に、私は自分のおおきな過ちに気づきました。

なにしろ英語の発音がひどいと、何をいっても、つたわりません。

英語でなんとかコミュニケーションがとれるようになって、すこし相手の顔色をみる余裕がでてきたころ。

話している相手が、私の発音を聞き取るのに苦労していることに気づきはじめました。

簡単な単語を聞き返されたときにようやく、自分の英語の発音がひどいことに思い至ったんです。

英単語の発音をすべてローマ字で覚えてしまった自分の残念な過去に、ふかく、後悔しました。

フォニックスとの出会い

「まず、発音を何とかしないと、先にすすめない。」

そう感じた私は、色々手当たり次第に本を読みました。

そこで、「フォニックス」を見つけました。

本当に、目から、ウロコとはこのことです。

「フォニックスをもっと早く知っていたら・・!!」 って、心から思いました。

フォニックスは、英語圏の子供たちや 外国人が英語を学ぶ際につかう英語のスペルと発音ルールです。

日本ではあまり知られておらず、最近になって少しずつ知名度はあがっているものの、

子供向けの勉強法というイメージがあります。

ですが、子供だけでなく、発音にコンプレックスのある大人こそ、絶対に知っておいたほうがいい、発音ルールです。

海外では、英語を勉強する大人も使っています。

フォニックスを知ってから、私の英語発音は変わりました。

もちろん、ネイティブレベルとはいいません。

でも、それまでなにが正しい英語発音が何かすら分からなかったのが、わかるようになったのです。

フォニックスってなに?

フォニックスではまず、英語の文字をひとつずつ覚えていきます。

英語の母音の場合は、実は、2つずつ発音の仕方があります。

ひとつは、「ABCの歌」の発音。

もうひとつは、フォニックス発音。

たとえばAなら、「ABCの歌」発音なら「エィ」と発音します。

「フォニックス発音」なら、AとEの中間の音。Appleの ”A” を発音します。

どんなときにABCの歌の発音か、どんなときにフォニックスの発音か、ルールがあります。

そして子音も、1音ずつ、音があります。

これは、私には衝撃だったんですが、英語は、子音のほうが母音より、強いんです。

そして子音だけで発音することもあります。

日本語は逆ですよね。

すべての音に母音がついています。

「KAKIKUKEKO かきくけこ」「SASISUSESO さしすせそ」・・・と、すべて、「AIUEO あいうえお」の音が元になって、音がつくられています。

でも英語は、子音単独で発音できちゃうんです。

たとえば、S

これは、子音のなかでも特に、鋭い空気音で発音します。

たとえば Business(ビジネス)という単語、この最後の は、子音だけで発音するんです。

わたしたちは「SU」と発音して、余計な「U」をいれちゃうので、日本語っぽい音になっちゃうんです。

Businessの最後は、「SU」ではなく、S だけで終わります。

フォニックスを知ってから気づきましたが、日本人でも「英語の発音がキレイだなー」と感じる人は、大抵、この子音の発音がしっかりしているんです。

赤西くんの英語が上手に聞こえる理由

たとえば、元KATTUN(カトゥーン)の赤西くん。

私生活でいろいろと取りざたされることが多い彼ですが、英語のうまさに定評があります。

こちら、ジョディ・フォスターとの対話です。

4分36秒あたりで ”thanks” って言っていますが、この語尾の ”” を聞いてみてください。

どうでしょう?

鋭い息で語尾の ”” を発音していますよね。

これを「SU(ス)」と言ったら、即効、日本語っぽくなっちゃうんです。

そのすぐあとにも ”hardest” といった単語を口にしていますが、”” と ”” は子音だけで発音しています。

この発音の良さと、相手のいっていることを聞き取るコミュニケーション能力の高さで、彼の英語は、上手に聞こえます。

もちろん上手ではない、と言いたい訳ではないんですが^^;

彼の英語、むずかしい文法や単語は、いっさい使っていません。

すごくシンプルです。

もしあなたが「かっこいい英語発音」で英語を話したければ、子音を強くだすことを、意識してみてくださいね^^

フォニックスで変わった私の英語

フォニックスに衝撃を受けた私は、イギリスの英語力を変えたといわれるジョリーフォニックスを学びはじめました。

【ジョリーフォニックス講座終了証明書】

すると、リスニング力がどんどん変わっていきました。

考えてみれば当たり前のことなんですが^^;

間違った英語発音で英単語を覚えているうちは、正しい英語の発音が流れてきても、理解できなかったんです。

もちろん、ネイティブレベルの発音なんかじゃありません。

でも、英単語をローマ字読みするカタカナ英語は直せました。

聞き返されることもなくなり、英語のコミュニケーションに、自信がもてるようになっていきました。

もし今、あなたが英語のカタカナ発音に悩んでいたら、ぜひ、フォニックスをおすすめします!

といっても、大変なトレーニングをしたり、細かいルールを覚える必要はいっさい、ありません。

「本当の発音はこういうものだ」と知るだけで、大分、変わります。

よろしければ、当時フォニックスに大ハマリした私が作った無料の教材があるので、ぜひご一読してみてくださいね。

30分ちょっとで読めちゃうと思います。

★お話を読むだけでわかるフォニックス★

子供っぽい感じで恐縮ですが^^;

当時、乳幼児の育児中であったため、幼児の意見を取り入れつつ作りました。

お子さんにも読める内容になっています。

★大人向けの本ならこちらがおすすめ★

こうして英語のカタカナ発音は克服しましたが、じつは私が英語を仕事にいかせるまで、まだまだ色々ありました^^;

よろしければ、他の記事もお読みください。

★★くまこについて:続き記事はこちらから★

第三回:TOEIC高得点:https://eigophonics.addisteria.com/toeic_confidence

第四回:英語で仕事:https://eigophonics.addisteria.com/ibunka_wall

★★くまこについて:前回記事はこちらから★

第一回:英語が苦手に:https://eigophonics.addisteria.com/about_kumako

★同じカテゴリの記事はこちら★