ビジネスにカタカナ英語で大丈夫!?発音はフォニックスですぐなおる

シェアする

前回の記事はこちら。

私はひどい英語で会議でスルーされてから、英語が苦手になりましたが、「死ぬかも!」と思ったことがきっかけで、もう一度英語をやりはじめました。

私の一番の悩みは、自分のひどい、カタカナ英語発音

たしかに、会議でスルーされたときの私の英語力は、ひどいものでした。

とっさに 英語で意見をいったり、言い返したりできないレベルです。

けれど、質問自体は事前に考えていたので、文法的にはさほど問題なかったんです。

問題は、英語の発音

まるっきりのカタカナ英語だったんです。

たぶん、英会話の先生などなら 頑張って理解しようとしてくれたでしょうが・・

ビジネスの場では、「はぁ? 何言っているの!?」というレベル。

そのミーティングでは、合併後、親会社とのはじめてのミーティング。

向こうからみたら、

「あんた、まともに英語も話せず、これから一緒に仕事するつもり!?」

といった心境だったのかもしれません・・・

私は、英単語の発音をすべてローマ字で覚えてしまった自分の残念な過去に、ふかく、後悔しました。

カタカナ英語はフォニックスでなおった

「まず、発音を何とかしないと、先にすすめない。」

そう感じた私は、色々手当たり次第に本を読みました。

そこで、「フォニックス」を見つけました。

本当に、目から、ウロコでした。

「フォニックスをもっと早く知っていたら・・!!」 と、心から思いました。

フォニックスは、英語圏の子供たちや 外国人が英語を学ぶ際につかう英語のスペルと発音ルールです。

日本ではあまり知られておらず、最近になって少しずつ知名度はあがっているものの、

子供向けの勉強法というイメージがあります。

ですが、子供だけでなく、発音にコンプレックスのある大人こそ、絶対に知っておいたほうがいい、発音ルールです。

海外では、英語を勉強する大人も使っています。

フォニックスを知ってから、私の英語発音は変わりました。

正確には、それまで正しい英語発音が何か知らなかったのが、わかるようになったんです。

フォニックスってどんな感じ?

フォニックスではまず、英語の文字をひとつずつ覚えていきます。

英語の母音の場合は、実は、2つずつ発音の仕方があります。

ひとつは、「ABCの歌」の発音。

もうひとつは、フォニックス発音。

Aなら、「ABCの歌」発音なら「エィ」

「フォニックス発音」なら、AとEの中間の音。AppleのAです。

どんなときにABCの歌の発音か、どんなときにフォニックスの発音か、これもルールがあります。

そして子音も、1音ずつ、音があります。

これは、私には衝撃だったんですが、英語は、子音のほうが母音より、強いんです。

そして子音だけで発音することもあります。

日本語は逆ですよね。

すべての音に母音がついています。

「AIUEO あいうえお」の音が元になって、音がつくられています。

「KAKIKUKEKO かきくけこ」「SASISUSESO さしすせそ」・・・といった感じですね。

でも英語は、子音単独で発音できちゃうんです。

たとえば、S

これは、とても鋭い空気音で発音します。

たとえば Business(ビジネス)という単語、この最後のSは、子音だけで発音するんです。

わたしたちは「SU」と発音して、余計な「U」をいれちゃうので、日本語っぽい音になっちゃうんです。

ビジネスは最後、「SU」ではなく、「S」だけで終わります。

フォニックスを知ってから気づきましたが、日本人でも「英語の発音がキレイだなー」と感じる人は、大抵、この子音の発音がしっかりしてます。

今度、英語を聞く機会画あったら、子音の発音、ぜひ、聞いてみてください。

つまり、「かっこいい英語発音」になりたければ、子音を強くだせばいいんです。

フォニックスについて、もっと知りたいかたは、ぜひ、こちらをどうぞ。

★フォニックスとは、イギリス人の学力を変えた驚異のルールだった★

★お話を読むだけでわかるフォニックス★

★本ならこちらがおすすめ★

英語の発音は克服しましたが、私が英語を仕事で使えるようになるまで、まだ色々あります・・・^^;

よろしければ、続きはこちらから。

★★くまこについて:続き記事はこちらから★

第三回:TOEIC高得点:https://eigophonics.addisteria.com/toeic_confidence

第四回:英語で仕事:https://eigophonics.addisteria.com/ibunka_wall

★★くまこについて:前回記事はこちらから★

第一回:英語が苦手に:https://eigophonics.addisteria.com/about_kumako