赤西くんの英語が上手に聞こえる理由はコレだった!カタカナ英語がすぐなおる方法

シェアする

KATTUN(カトゥーン)の赤西くん。

私生活でいろいろと取りざたされることが多い彼ですが、英語のうまさに定評があります。

彼の英語勉強法は、このひとことに凝縮してます。

「俺は文法と恥を捨てた」

参照元:http://jinakanishi.com/

ですが「すてた」どころか、彼の英語は、聞いていて、かっこいい!

文章は短く、単語の数も少ないのですが、うまく聞こえます。

なぜ、かっこよく聞こえるのか?

秘密は、「子音が強いこと」

これをすれば、あなたの英語も、かっこよくなっちゃいます。

赤西くんの英語勉強法と、英語が上手に聞こえるポイント、お伝えしていきますね。

赤西くんの英語勉強法

赤西くんは帰国子女ではありません。

6カ月海外に留学していたようですが、6カ月ではなんちゃって語学留学レベル。

正直、それだけで話せるほど、甘くありません。

ではどうやって英語を勉強したのか?

よく書かれていることをまとめると、次のとおり。

■友達の英語を聞きアウトプット

■覚悟をきめて英語をやった

わからない単語は書きだし、調べて、覚える

■映画のDVDを何度も繰り返してみてセリフを丸暗記

そしてファンイベントで言った言葉が、【俺は文法と恥を捨てた】

つまり、実践でつかう英語を何度も何度もくりかえしアウトプットして、自分のものにしていった、ということですね。

すごい努力ですが、なぜそこまでがんばったのか?

口さがないひとたちからは「クラブで女の子をくどくため」なんて言われていますが・・・

引用できる言葉が見当たらず、推測ですが、それは絶対違います^^;

きっと仕事と、自分をさらに成長させるためです。

以前 赤西くんのインタビュー記事を読んだことがあります。

正直、「このひと、表現下手でもったいないな~・・・」って感じました。

ちゃんとした言葉を言わないので、誤解されそうなタイプなんですね。

そこいくと、亀梨くんのほうが、きっと、先輩受けしそうです。

まあ、大きなお世話なんですが^^;

赤西くんの英語がどう仕事につながったか

では実際にどんなふうに英語力を仕事にいかしていったのか?

結構、マルチに活躍しています。

参照元:http://jinakanishi.com/jp/disco/

英語で歌をつくるようになり、全米デビューシングルは、、iTunes Storeダンスチャート1位を獲得しています。

また、自分で現地のオーディションに応募し、実力でハリウッド映画の役を勝ち取っています。

「赤西が実力でビッグチャンスをつかんだ。関係者によると、昨秋に行われたオーディションに自ら応募したという」

参照元:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20110414-760926.html

そのかいあってか、海外での知名度も高いです。

アメリカの映画情報サイトで5年連続、イケメンとしてランクイン。

今年もノミネートされ、6年連続快挙なるか、注目されています。

「歌手の赤西仁が米国の映画情報サイト「TC Candler」が発表する「世界で最もハンサムな顔100人(2018年)」ランキングにノミネートされたことがわかった。」

参照元:https://mdpr.jp/news/detail/1792991

アジア圏での知名度も高く、英語ができるようになったことで、まちがいなく、海外のファンが増えています。

赤西くんの英語がうまく聞こえる理由

こんなふうに英語を仕事にいかし、そして絶賛されている彼の英語力。

はたして、なぜそんなにうまく聞こえるのか。

その秘密をお伝えする前に、すこし、英語の発音の話をしますね。

ほんとうの英語の発音とは

じつは私は、以前、ひどいカタカナ英語でした。

アメリカ人に「お手上げ」ポーズをされちゃったこともあります。。

「発音をなんとかしなきゃ!」と必死だった私がたどりついたのが、「フォニックス」という英語の発音ルール。

ネイティブの子供たちもつかう、英語の発音とスペルのルールです。

私のひどいカタカナ発音は、フォニックスでなおりました。

フォニックスをやるとすぐにわかるのですが、英語には、子音に1音ずつ、音があります。

そして、英語は子音のほうが母音より、強いんです。

さらに子音だけで発音することもあります。

日本語は逆ですよね。

すべての音に母音がついています。

「KAKIKUKEKO かきくけこ」「SASISUSESO さしすせそ」・・・と、すべて、「AIUEO あいうえお」の音が元になって、音がつくられています。

ではここでちょっと練習^^

Business という単語を発音してみてください。

いかがでした?

さいご、「ス」と言いませんでしたか?

でも英語は、子音単独で発音できちゃうんです。

たとえば、S

これは、子音のなかでも特に、鋭い空気音で発音します。

もしあなたがBusinessの最後の音を「ス(SU)」と言わず、「S」 だけで発音したとしたら、きっと、かっこいい英語を話しているんですね。

以前のわたしは、そして私が教えていた生徒さんも、大抵、さいごを「SU」と発音していました。

最後に余計な「U」をいれちゃうので、どうも日本語っぽい音になっちゃうんです。

日本人でも「英語の発音がキレイだなー」と感じる人は、大抵、子音だけで発音するところは子音しか言っていません。

さらに、この子音の発音が強くて、しっかりしています。

赤西くんの英語発音は子音がキレイ

そして、赤西くんの英語の発音も、子音がキレイです。

こちら、ジョディ・フォスターとの対話です。

4分36秒あたりで ”thanks” って言っていますが、この語尾の ”” を聞いてみてください。

どうでしょう?

鋭い息で語尾の ”” を発音していますよね。

これを「SU(ス)」と言ったら、即効、日本語っぽくなっちゃうところです。

そのすぐあとにも ”hardest” といった単語を口にしていますが、”” と ”” は子音だけで発音しています。

この発音の良さと、相手のいっていることを聞き取るコミュニケーション能力の高さで、彼の英語は、上手に聞こえます。

もちろん、ほんとうは上手ではない、と言いたい訳ではないんですが^^;

彼の英語には、むずかしい文法や単語は、いっさいでてきません。

すごくシンプルなんです。

まとめ:赤西くんの英語勉強方法と、英語がかっこよく聞こえる理由

赤西くんの英語は、実践に即した英語。

映画や友達の言葉など、「話す英語」を何度も繰り返して、自分のものにした英語です。

さらに彼は、習得した英語力をガンガン仕事につかっています。

英語力を仕事にする、ということが、彼の強いモチベーションの源だったのでは、と思います。

彼の英語がかっこよく聞こえる理由は、耳で覚えただけあって、とても発音がきれい。

特に子音が強くて、かっこいい。

「日本人っぽい英語」になっていません。

また、相手の言葉を上手にうけていて、さすが、反応も上手。

イメージと違ってとっても真面目で、実践に即した赤西くんの英語勉強法。

いろいろと、参考になることが多いですよね。

★お話をよむだけで英語の発音ルールフォニックスがわかる★