言いたいことを言う英単語は〇語で十分!流ちょうに話せる覚え方

シェアする

英単語が出てこなくって、英語が話せません。
どうやったら、英単語を効率よく暗記できますか。

こんなお悩み、時々、聞きます。

英単語の暗記は面倒ですが^^; 英語と切り離せないですよね。

そして話せないときは「英単語の数が足りないから」と思われがちですが、

実践で話すために必要な英単語の数、じつは、意外と少ないんです。

そして覚えるときに大事なのは、続けることと繰り返すこと。

記憶力や才能なんて、いりません。

ただ・・・覚えたあと、絶対必要なポイントが、あるんですよね。

ここを、英単語の数に悩むみなさんが、見落としがちだったりします。

話すのに困らなくなる英単語の数の目安と、覚え方のコツ、そしてこのポイント、お伝えしますね。

少ない英単語数でも、言いたいことは言えるようになりますよ^^

言いたいことが言えるために必要な英単語数は何語?

流ちょうなノンネイティブの英単語数

英語の単語は、全部で45,000ワードほどあると言われています。

そのなかで、ネイティブの大人に実際に使わている単語数と、ノンネイティブで英語が流ちょうに話せる人は、一体、どれぐらい英単語を知っているのか?

TesYourVocab.com というサイトで集めた200万のデータに基づいた結果によると、

① ネイティブスピーカーの大人は22000~30000ワードが理解できる

② 海外に長期滞在しているノンネイティブの大人は11000~22000ワードが理解できる。これは、ネイティブの8歳から14歳の子供に該当するぐらいのレベル。

参考サイト:http://blog.cyracom.com/vocabulary-native-non-natives-pursuit-language-learning

ちなみに、11000ワードといえば、だいたい、英検の1級レベルです。

英検で必要な単語数はこちら。

参照元:https://ei-raku.com/2017/11/exam-eiken-comparison/

「言いたいことが言える」ためのノンネイティブの英単語数

ただ、こちらは「英語圏に長期で住んでいる」人のレベルです。

かなり高い英会話能力です。

かなり流ちょうなレベルの英語を目指すのであれば、10000ワードが必要です。

ですが、「言いたいことを伝えられる英会話レベル」であれば、2000ワード前後といわれています。かなり、少ないですね。

洋画やニュースを聞き取るのは、3000語~5000語程度。

大人としてビジネス英語を使うなら、5000ワードぐらいでいけるのでは、と思います。

実はこれ、大学入試のセンター試験レベルです。*

大学受験を経験した人であれば、おそらく一度は暗記をこころみた英単語数ですよね^^

「流ちょうに英語を話したい」というのなら10000語レベルですが、

「英語をビジネスの場で使う必要がある」

「表現より、言いたいことが伝えられる英語力がほしい」

というのであれば、この「5000ワード」を目標にすれば、大丈夫です。

*私立難関校レベルだと、もう少し多めで 6000~7000語程度必要と言われています。

参照元:http://blog.fsemi.co.jp/blog15/

おすすめ英単語本

この5000ワードが掲載されている英単語本、相性がよい英単語本であれば何でもOKですが、おすすめは、アルクのキクタンシリーズ

教えるときは、常にこれを買ってもらっています。

使いもしない付属のCDの分、ちょっとお値段が高いとも感じますが^^;

見やすいのと、例題が多いのが特徴。用途別に色んなシリーズがあります。

話すために必要な5000語は、EntryとBasicの2冊をやれば、カバーできます。

派生語なんかも含まれているので、実際は5000語以上ですね。

効率よく英単語を覚える方法は?

目標の英単語数は5000語、となったところで、これをどうやって覚えるか?

ポイントは、次の6個。

1.体を動かしたり、声にだしたりする(気持ちがはいりやすくなります。)

2.知っているものをつなげて覚える

3.知っているものとつなげて覚える~品詞の変化

4.知っているものとつなげて覚える~もう、ダジャレでもなんでも使う。

5.何度も繰り返し見る

6.英単語テストをする

コツは、受け身ではなく、能動的に、覚えること!

というのも、受け身でただ読んでいると、眠くなっちゃいます^^;

感情をゆりうごかさないと、私たちの脳は、知らない単語を記憶に残し残してくれません。

書いて覚えるのが得意な方は、書く。

声にだすのが得意な場合は、声にだす。

とにかく、アクティブに^^

つぎに大事なこと。

それは一定期間、とにかく、毎日やることです。

1日30分、習慣にして続けることが地味に、大切です。

そしてさいごに。

覚えた、と思っても、何度も繰り返して、一度記憶した単語を見直すこと。

これをしないと、なかなか記憶が定着しません。

記憶に定着するまで、最初記憶して、翌日に見て、一週間後に見て・・・と、何度もその単語に出会ってください。

まとめますと・・・

能動的に覚える

毎日やりつづける

繰り返し見る

あなたが「もう一度英語をはじめた」レベルでも、これを毎日30分、半年間続ければ、必要な英単語数を覚えることができます。

覚えたあとに絶対必要なこと。

英単語を覚えたあと、実はもうひとつ、大事なことがあります。

「単語が覚えられないから、英語が話せない」

と思い込んでいる人の多くが、実は「単語は覚えても、使いこなせていない」ことに悩んでいたりするんです。

たとえば、develop という動詞があります。

この英単語の意味を聞かれると、ほとんどの人がわかります。

「では、このdevelopを使って文章を作ってください。」

となったら、どうでしょう?

・・・・・・

悩まれてしまったり、しばらく後にこんな文章を返してくれたりします。

“The Japanese economy developed rapidly.”

(日本経済は急速に発展した)

もちろん、正解なんですが、ちょっと、かたいですよね^^

develop = 発展する と一対一で覚えてしまうと、こんな感じの例文になります。

これだと、”develop” という単語を実践レベルで振り回せないんです。

develop は、イメージでいうと、なにかが、こう、新しく、良くなったり、上達していったりする感じです。

頭のなかに、そんなイメージを描いてみてください。

すると、どうでしょう。

表現のハバ、ひろがりませんか?

こんなことも、言えちゃったりします。

He developed his talent for painting after fifty.

(彼は50歳を超えてから、絵の才能を開花させた。)

I  have been working out to develop my muscles.

(私は筋肉を鍛えるために、トレーニングしてきた。)

develop という英単語ひとつで、いろんな日本語の動詞と置き換えられちゃいます。

つまり、英単語を記憶した後に、実は、英単語を使いまわす練習が必要になるんです。

これをしないと、なぜか覚えても話せない、という状態から、抜け出せないんですね。

私も以前、この負のループに悩みました^^;

英単語は数ではなくて、どれだけ使いこなせるか。

特に基本動詞の場合、この効果が絶大!

イメージレベルに落とし込めれば、少ない英単語数でも、言いたいことが言えます。

まとめ:話せるようになる英単語の覚え方

では、まとめますね。

◆言いたいことが英語でいえる英単語数は、5000語。大学センター試験レベル

◆覚え方は、能動的に覚える + 習慣にする + 繰り返す の3点

◆覚えたあと、実は「使いこなす」練習が必要。

普段話すときに使っている英単語数は、結局、かなり、少なくて大丈夫だと思います。いと感じます。

実際私は、英検1級受験時に10000語を一瞬覚えたかもしれませんが、今は、ほぼすべて抜け落ちています^^;

キクタンの基本レベルの単語でも使いこなるようになれば、同僚や友人から、

「なんか、英語を流ちょうに話していて、かっこいい!」って思われちゃいます^^

あなたの英語、応援しています!

★言いたいことがいえない!という場合には、こちらの記事もどうぞ♪

★英単語の覚え方、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

★同じカテゴリの記事はこちら★