英語が口からでてこない!頭の中の日本語をすぐ英語にする3ステップ

シェアする

Step1. 英語を簡単な日本語にする

「言いたいことが、英語でいえない!!!」

「英単語が、でてこない。」

っていうストレス、感じたことありますか?

そこで

「ああ、英単語の数が少ない」

とか

「やっぱり英語が話せない」

って、落ち込んじゃう人は多いです。

以前の私はそうでした^^;

大人向けの英語塾をやってきましたが、ほとんど皆さん、そんな感じです。

でもですね。

私たち大人は、実は、ものすごい高度な日本語ボキャブラリーをもっているんです。

そのボキャブラリーの多さや質を意識せず、普段、頭の中で物事を考えています。

そして英語で話そうとするとき、この高度な日本語をそのまま英語にしようとするんです。

できるわけ、ありません。

だって大人になって英語を勉強をはじめた私たちの英語ボキャブラリー力は、英語ネイティブのせいぜい子供レベル。

英文法力だって、それほど高くありません。

この英単語力と英文法力で、高度な日本語をそのまま英語にするなんて、高尾山に登ろうとする格好でエベレストにチャレンジするようなもんです。

挫折しちゃいますよね!?

多くの人が英語が苦手になっちゃうのって、この部分だと感じます。

私たちは、英語というものは、勉強していれば、ある日突然話せるようになるものだと、どこか誤解しているんです。

だから むずかしい日本語をそのまま英語で話そうとしちゃうんです。

実は私自身、英語を話すとき心がけていることがあります。

それは、思いついた日本語をそのまま英語にしようとしないこと。

日本語そのものを、わかりやすくすること。

もうすこし、詳しく説明していきますね。

Step2.英語にする前に、具体的な日本語にする

以前英語を教えていたとき、ある生徒さんに英語でプレゼンをしてもらいました。

(私の英語塾では「英語で話す」だけでなく、「英語で自分の意見を言う」ことに重点置いてます。これができないと、英語を仕事や趣味に十分生かせないんです。)

そのとき、この生徒さんは

「それよりも わりと良かったんですけれども。」

と、という日本語を英語にしようとして、言葉につまってしまいました。

彼女は、

「ああ、こんな簡単な日本語も英語にできないなんて、やっぱりだめだー」

って落ち込んじゃっていましたが・・・とんでもない。

こんなむずかしい日本語をそのまま英語にするなんて、ハードル高すぎます。

どうむずかしいかといえば、まず、言葉がすべて抽象的すぎるんです。

「それより」って、どれと比べてそれより?

「わりと」って、どんなレベル?

「何が」、よかったの?

そして主語ってだれ・・?

ひとつずつ聞いていくと、この生徒さんが言いたかったことは、こうでした。

「思っていたよりも、そのイベントは良かったです。」

これなら、英語にできますよね。

“That event was better than I thought.”

とか、どうでしょう。

すっごく、シンプルな英語じゃないですか?

”I enjoyed that event much better than I expected”

なんかでもOKです。

たぶんこの英語の文章の英単語がわからないっていう方は、あまりいないと思うんです。

それなのに、自分が最初に思いついた日本語をそのまま英語にしようとがんばると、英語がでてこない。

それは英単語力の問題だと思っちゃう。

すると英語で話すことがストレスなっちゃうんです。

曖昧な日本語ではなく、自分の中で、具体的な言葉にすること、心がけてみましょう♪

Step3. 英語と日本語は一対一じゃないことを知る

そして次のポイントは、英語と日本語は、そもそも一対一に訳せないってことを知ること。

「そんなこと知っているよ」って思われるかもしれませんが・・結構、盲点なんです。

英語にあって日本語にない概念はあるし、逆もあります。

このことに超苦労したのが、明治時代。

明治時代は、一気に外国の考えが日本に流れ込んだ時代です、

そのころの知識人たちは、日本語にない英語の概念を日本語にするのに、苦労しました。

たとえば、「Love」は「愛」です。

今の日本人ならわかりますが、当時に日本人に「愛」などという概念はありません。

「私は君を愛しています」なーんて、絶対、言わないですよね。昔の日本人って。

夏目漱石が、「I love you」をどう訳したらいいのかと生徒に聞かれ、

「月がキレイですね、とでもしておきなさい。日本人ならこれで通じる

といったという有名な逸話があります。*

さすが・・美しい日本語です。

こんな日本人の気持ちや文化も盛り込んだ超意訳、普通の人にはできませんが・・^^;

でも、「I love you 」をそのまま訳したんじゃ通じないから、表現そのものを変えちゃったってところは、納得ですよね。

要は、「英語にできない!!」 と思ったら、表現そのものも、変えちゃえばいいんです。

ちゃんと日本語を英語に訳することが大事じゃなくて、言いたいコアな部分、意図を伝えられることが、大事なんです。

*こちら、夏目漱石ではなく、他の人が言ったのでは、といった説もあります。

英語が話せるようになる3ステップまとめ

というわけで、まとめますね。

私が実践してきたのは、そして、生徒さんにもお伝えしているのは、

英語で話すときは、脳内で、次の3ステップをふむこと。

1.小学校3年生にもわかるような簡単な日本語で考えてみる。

2.抽象的な言葉は避けて、具体的な日本語表現で考える。

3.  英語と日本語は1対1では訳せない。英語にできない・・と思ったときは、

     その表現を変えてみる。

この手順でやっていけば、「英語にできない!!」ストレスから抜け出せます。

英語はそのまま日本語にできません。

さらに、頭に浮かんだ英語を日本語にしようとすると、私たちの英語と日本語のボキャブラリーがあまりに違いすぎて、そのギャップで苦しむ羽目になります。

なので、日本語を英語に訳すんじゃなくて、英語を話すときのステップそのものを、この3ステップに変えてしまうんです。

たとえば、

「そう考えると、乗り越えがたい矛盾があるような気がするけど」

なんて日本語で思いついたとしたら、これを英語にする前に、まず、これを小学3年生レベルの日本語に変えてみましょう。

そしてもっと具体的な言葉で考えてみます。

たとえば、こんなふうにしたら、どうでしょう?

「もしそういうふうに考えると、解決するのがむずかしいと思う」

これなら、英語にできそうじゃないですか?

たとえば、英語にすると、

“If you think so, I am afraid that it is difficult to solve that.”

あるいは、もっとシンプルでOKです。

「むずかしい点があると思うんだけど・・」と伝えられればいいので、

“I think that there are some difficult points.”

どうでしょう。

この程度の英語でも、意味は伝わるし、会話はつながります。

これが一番大事。

表現はひとつじゃないので、他の言い方でも、全然OKなんです。

慣れてくると、早く、自然にできるようになります。

すると、途中でとまらず、スムーズに英語が口からでてくるようになります。

そのとき、あなたは、まわりの人から見ると、十分「かっこよく英語が話せている人」になってますよ^^