Youtube動画をみるだけでポイントがたまる!English Centralの効果

シェアする

英語を話せるようになるまでには、英語を話す練習、アウトプットがある程度必要です。

お値段的にも時間的にも、一番お手軽に英語を話す練習ができるのは、やっぱりオンライン英会話。いまや留学せずに、日本でたくさん英語を練習できちゃいます。

いろんなオンライン英会話サービスがありますが、「仕事で英語を話せるようになる」という目的に最短距離ですすめる英会話サービス、ご紹介しますね。

今回は、コスパがすごくよくて英語力を総合的につけられる English Central 。

コスパのよさの秘密は、そのユニークなシステムにあります。

好きな動画をみて自習をするとポイントつく→ポイントでレッスンが受けられちゃうんです。

さらに自習で発音矯正もできちゃうんです。

NTT、ブラザー、筑波大学、サムソンなど、大手企業や大学が採用しています。

おすすめする理由①:きまった教材(トピック)が用意されている

英語が話せるようになるには、覚えた英単語と英文法を使って英語で話す練習が必要です。

私は英語で話す練習のため、歩きながら ぼそぼそつぶやいていた時期もありますが・・・^^^; さすがに相手がいないとちょっと寂しいので、オンライン英会話も利用してました。

オンライン英会話は、

お値段が安い(1回25分程度、大体ワンコインもしない)

家でできる(スカイプ)

選択肢がたくさんあって、自分にあったものを選べる

と3拍子揃っているので、英語を話す練習にもってこいです。

さらに、もしあなたが本気で「仕事で使う英語を身に着けたい!」と思うなら、ぜひ、フリートークより、教材(話すトピック)がある英会話サービスがおすすめ。

というのも、フリートークだと、どうしても、自分が話しやすい話題ばかりになっちゃいます。

家族とか、趣味とか、週末の予定とか、やわらかめな話になります。

先生もフレンドリーなので、そういった話にのってくれます。

ですが、実際にビジネスで英語をつかうときは、日本語でだって説明するのがむずかしいことを言わなきゃいけないですよね。

すでにトピックが決まっていて、それについての自分の意見と根拠を相手に説明しなければいけないこともあります。

こういうリアルな場での英語を話したいのであれば、フリートークで英語を話せる気になっちゃうのは結構、危険かもしれません。

以前 知り合いの男性で、

「フィリピンの先生がかわいくって、話していると楽しいんだよねー」

と、鼻の下をのばしている男性がいました。

まあ、かわいい先生、多いですけどね ( ̄ー ̄)

ところがしばらくすると、

「でも会議で話さなきゃいけないときに、英単語がでてこないんだよね。

3ヵ月間のオンライン英会話、あんまり意味がなかったのかなー・・」

と、つぶやいていました。

意味がないことはないですが・・。

でも、こういうパターン、結構多いです。

同じ時間をかけるなら、絶対、楽しいフリートークより、決まったトピックで意見を言う練習をするほうが、ビジネスでの英語の力は上がります。

おすすめする理由2:お手軽価格になる料金体系

English Central の料金プランは全部で5種類あります。

有料版はプレミアムが一番安いです。

つぎに1日1レッスンが受けられるリッチプラン。

そのつぎが1日2レッスン受けられるWリッチプラン。

そして無制限にレッスンを受けられるプラチナプラン。

【English Central 料金プラン】

毎日必ず話したい、という場合はリッチプランがおすすめです。

ですが、個人的には、「プレミアムプラン」が一押し。

というのも、とってもユニークな料金体系なんです。

こちらは、動画を6本見ると、オンライン英会話レッスンを1つ予約できるというシステム。

動画は一般系、ビジネス系、旅行系、日常系・・・など、いろんなジャンルから選べます。

この動画をみて、英単語チェックをして、発音チェックをして・・・という自習をすると、どんどんポイントがたまるんです。

自習のながれは、あとで説明しますね。

ポイントが600たまると、レッスンがひとつ、受けられます。

どれだけ自習をするかによりますが、1日30分程度やれば、1週間3回ぐらいレッスンを受けられるんじゃないかな、と思います。

このプレミアムプラン、1カ月3200円、3ヵ月まとめて払うと、1カ月2667円になります。1年まるごとだと、1カ月1917円。

【プレミアムプラン料金】

コンテンツもしっかりそろっている品質の高い英会話サービスなのに、かなりお得です。

ちなみに、安い英会話で有名な業界最大手のひとつ、レアジョブは、月8回(1回25分)で4,200円。毎日1レッスン受けるプランだと、月々5,800円です。*

日本の大手英会話教室だと、ビジネス英会話教室は週に1回で月16,000円~20,000円(教材費別)程度。

大手英会話教室は日本で維持しているシステム。

固定費や人件費を考えると、高くなってしまうのは仕方ないところですが、時間的にも少ないので、効果を考えてもオンラインのほうが上かな、という気はします。

*レアジョブの価格は2018年9月19日現在の情報です。

おすすめする理由3:自習ができる

English Central は自習+オンラインレッスンで成り立っています。

自習の流れは、次の通りです。

① 好きな動画を選ぶ

ビジネス・メディア・日常・旅行・アカデミック・・・といったジャンルから選べます。

「ザッカーバーグの謝罪」 なんて動画もありますね^^

ふつうにYoutubeでたくさん視聴されていた動画ばかりなので、どれも面白いです。

長さは1分程度のものが多いです。

② 動画をみる。

視聴するだけで10ポイントもらえます。

③ わからない英単語チェック

わからない英単語をチェックし、穴埋め方式でうめていきます。

ここでも1単語ごとに10ポイントもらえます。

④ 発音確認

お手本を聞いたあと、自分の音声を録音します。

1センテンスごとに10ポイントもらえます。

ここの部分が一番スゴイ。

録音した音声は、お手本と比較して1センテンスずつ、パーセンテージで評価されるんです。

English Central の英会話レッスン

自習だけで終わりでもいいですし、レッスンを受けたい場合には、教材をもとに、25分のオンライン英会話レッスンを受けられます。

レッスンは、

1. テキストの読み上げ

2. 内容に関する質問の答えを選択肢から選ぶ

3.内容に関するディスカッション

という3段階で構成されてます。

特に3では、英語で意見をたくさん言わなきゃいけません。

話せなければ先生がフォローしてくれるので大丈夫。

レッスン後、先生からレポートが届きます。

さらに このレッスンレポートには、レッスンの音声へのリンクがついています。

一度受けたレッスンを、自分で聞き返すことができます。

どこまでも自習にやさしいシステムです^^

ちなみに先生は自宅ではなく、きちんと会社にきてレッスンをしてくれます。

自宅でレッスン、という方式のスクールもありますが、やはり通勤してくれるほうが、先生の緊張感も違う気もします。

English Central で困りそうなこと・・

English Central について気になる点といえば・・「いいなー」と思った先生は、予約しにくいこと。

私は早朝レッスンが好きなんですが、結構すぐ埋まっちゃいます。

自分がレッスンを受けたい時間帯が決まっている場合には、先生はあまり選べない、と思ったほうがよさそうです。

どうしても先生を指定したい場合には、1日2レッスン受けられるWリッチプランや、無制限に受けられるプラチナプランにすれば、予約が取りやすいかな、と思います。

もちろんお値段あがりますが^^;

先生の質については、少ばらつきや、相性はあるかと思います。これはどこのスクールでも同じですね。ただ全般的に良い先生が多いです。

もう一つの不満は、先生のキャンセルで授業がなくなることがあること。スクールによっては他の先生が穴埋めをしてくれるのですが、English Central では、キャンセルのお知らせがメールでくるだけです。

ごくたまにしかないことですが、この点、ちょっと残念です。

もちろんキャンセルになったレッスンでポイントがなくなることはなく、違う日時に振り替えられます。

まとめ:English Central のサービス

English Central での英語学習は、次の6ステップで構成されています。

①トピックを選ぶ

②見る・聞く

③英単語チェック

④実際にマネをして発音する

というつの角度で自習します。それから、

⑤この動画について実際にオンラインレッスン

⑥さらにレッスンの音声を聞いて自習

自分が気に入った動画をつかって、いろんな角度で学んでいくことで、

英単語力・リスニング力・発音力・話す力、という総合的な英語力をつけられる構成になっています。

これをお手軽価格で継続できるシステム、というのが強みかな、と思います。

この品質で1カ月2000円弱という料金がなぜ可能なのか。

理由は次の2つだと推測できます。

■1万以上のYouTube動画を教材としていて、いちから教材を作る必要がない

■人件費がかかるレッスンだけでなく、品質の高い自習システムを用意していて、そこで英語力が総合的にのびる仕組になっている。

無料トライアルはこちらから。

気になったら、ぜひ一度、ためしてみてくださいね。

↓↓↓



スポンサーリンク

シェアする

フォローする