ビジネス英会話 Bizmates を401回受けた効果と感想

ビジネスの現場で必要な英語力は、超シビア

私は独学で英語がある程度話せるようになり、ビジネスで使うようになりました。

すると、ますます、「英会話力を伸ばしていかなければ!!」というプレッシャーを感じていったんです。

私の場合、海外のパートナー企業と契約して仕事をするようになってから、オンラインミーティングで英語で話す機会が増えました。

ヨーロッパの国なので、時差の関係で、日本は夕方、向こうは朝の時間のミーティングです。

そろそろ疲れてくる夕方の時間帯、英語で会議をせねばなりません。

そんな中、

“What do you think about this?”

と突如質問をふられ、

”I ..  I have no idea.” (わ、わからない・・)

とか、

”Please give me some time…” ( ちょっと時間ちょうだい・・)

なんていって、返したりすることもありました。

これじゃ、だめですよね・・

英語をしどろもどろに話したり、相手に何度も聞き返したりするようでは、

ビジネスパーソンとして、失格・・・

考えてみれば、私は以前、日本の会社に勤めていました。

そこでは、会議で意見をはっきり言うことは、あまり求められなかったんです。

誰かが決めたことに賛同したり、質問したり・・といったことが多かった気がします。

だから自分でその場で意見をいうことに慣れていなかったんです。

結局 英語が話せるようになってくると、英語だけでなく、海外のビジネスのやり方を知らなければ、立ち行かなくなっていくって、気づきました。

英語の後ろにある「異文化の壁」にぶちあたったんです。

そのことを、まざまざと感じ、次第に、この英語のオンライン・ミーティングがプレッシャーになっていきました。

でも、ビジネスでは相手との関係が、命。

「このままじゃ、だめだ。なんとか、しなきゃ!!!」

あせった私は、

【ビジネスに特化した英会話と、海外とのビジネスの方法まで教えてくれる場所】

を探し始めました。

ビジネスに特化したオンライン英会話

オンラインSkype英会話学校はたくさんありますが、私の求めているサービスを提供しているところが見つけられず、たどりついたのが、Bizmates ビズメイツ でした。

Bizmates のキャッチフレーズは「ビジネスで成果を上げる英語」

Bizmates のコンセプトは、「相手が日本人の考え方や文化について納得・理解してもらうためのコミュニケーションスキルを身につけること。」

まさに、こういうのを探してた!

ピーンときた私は 早速、無料体験レッスンに申し込みました。

そして1日1レッスンプランの有料版に申し込みました。

それから1年間と3ヵ月、ほぼ毎朝25分、レッスンを受け続けました。

合計にして、なんと、401回です^^;

【Bizmates にログインしたときの画面:401回レッスン受講回数】

Bizmates の通常レッスン

401回 Bizmates のレッスンを受けた感想ですが・・一言でいうと、とっても良かったです。

通常のプログラムでは、レベルによっていろいろな内容で、海外とのビジネスを英語で学べます。

たとえば・・ある日のトピックは、

「Risks of Cultural Stereotyping」(文化的ステレオタイプをもつリスク)

わたしたちって、「アメリカ人ってイケイケ!!」「中国人は超強気!!」とか、どこか決めつけていませんか?

たぶん日本人も、海外から「本音を言わない」とか、思われているようですが・・

この回のBizmates のテキストでは、「まず、こういうステレオタイプがあることを、しりましょう」という形ではいってきます。

そして違いを探すより、同じところを探すほうが生産的だよね、とテキストをしめくくったところで・・

テキストに関連した質問をしつつ、ディスカッションに入っていきます。

たとえば、

「What are some common stereotypes or generalizations that you have about other cultures? How accurate do you think they are?」

(異文化について感じたことがあるステレオタイプや、一般化には、どういったことがあります? どれぐらい正確に、そういったものは存在すると思います?)

なんてことを、きかれます。

私の場合は、早朝にレッスンを受けていたので、超朝っぱらから、こんな質問に英語でこたえなきゃならないんです。

正直、けっこう、ヘビーです!

でも、習慣とは素敵なもので、不思議と毎日やっているうちに、「特に考えたこともないトピックに、とっさにちゃんとした(ように聞こえる)意見を言える」ようになりました。

レッスン後は、先生からレポートが届きます。

大体うれしいことを書いてくれるので、まあ、うれしいです^^

Bizmates の先生の質

他のオンライン英会話も試したことがありますが、Bizmates の先生は、かなり、質が高いです。

特に、ビジネスパーソンとしてのレベルが高いことが、特徴です。

レッスン中、先生に、「以前どんなことやってたの?」と聞くと、

 「イギリスにいって起業したことがある」とか、

「いまも、ランジェリーショップも経営しているわよ」

なんて、色々面白い経歴が聴けたりします。

ちなみに先生を選ぶときは、先生の職歴からも、選べたりします。

【Bizmates 先生の条件絞り込み】

自分と同じ背景や職種の経歴をもった先生を選ぶと、会話もはずみます。

わたしは 自分の仕事と興味にあわせ、営業、物を売る系、経営系の先生を選んでいました。

レッスン中に一歩踏み込んで、

「人と面接するとき、どんな質問するの?」とか、

「セールスで一番ききめがあるテクニックは?」とか、

質問をしてみましたが、先生たちの実際のビジネス経験から、真摯に考えてくれて、いいアドバイスをくれたりします。

たとえば、セールスの質問に対する答えは、

「相手が一番困っていることを聞き出して、解決してあげることだよ。とにかく、相手の話を聞くことだよね。」

でした。

ある程度話せるようになっていくと、気の合う先生となら、異文化ビジネスの雑談会としてレッスンを楽しめると思います。

Bizmates のオプションレッスン

さらに通常レッスン以外に、レベルに関係なく選べる「Others」レッスンというのがあります。電話応対、プレゼンテーション、海外出張・・・・と色んなトピックから選べます。

特に、「ネゴシエーション」「異文化交流」のトピックが、すごくいいです。

私は、ビジネスの上で、非常に助けられました。

こちらはまた今度書きますね。

ひところでいうと、Bizmates の強みは、

リアルビジネスに基づいたテキストと、ビジネスに精通している先生によって

提供されるレッスンの質の高さ だといえます。

Bizmates の悪いところ

ほめちぎりましたが、もちろん、Bizmatesのデメリットもあります。

まず、お値段がちょっと高め。

1カ月毎日25分プランで、12000円。

1回400円なのですが、ポイントは、これよりも安い、たとえば1カ月10回プランなどがないこと。

そのため、ほかのオンライン英会話と比べると少々高めな印象はあります。

ただ、毎日なればそれだけ上達するので、そこは仕方ないかな、とも思います。

また、先生は大体素敵なんですが、やっぱりたまに、相性の悪い先生はいるかもしれません。

あとは・・授業の難易度は、レベル別にはなっていますが、やはりトピックは、かためです。

「本気でビジネスの英語力を鍛えたい!!!」という方にはお勧めですが、のんびりフリートークを楽しみたい、という方には、おすすめできません。

Bizmate 評価まとめ

本気のビジネスの現場で求められる英語力とは、

  • その場で自分の意見を伝える力
  • 相手の言いたいことを理解し、返す力
  • その後の段取りを決めて会議をまとめる力

・・というのが、私の海外企業とのやりとりを通して、感じることです。

海外に駐在していたりして、現地の考え方を理解できていればいいのですが、

そうでない場合、やはり英語力の先にある「異文化の壁」をどこかで感じるのでは、と思います。

けっこう、ハードル、高い^^;

「英語の壁と共に、異文化の壁を乗り越えこえたい!理解したい!」

という方には、Bizmates おすすめです♪

Bizmatesを400回受けた感想を1記事にはまとめきれないので、また書いちゃうかもしれません^^ 


話せる★稼げる英語メール講座はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする