英語に敬語や丁寧語はないはウソ。Pleaseでは危険!?お願いの英語鉄板表現3つ

シェアする

「英語には敬語はない」と言われることもあります。

たしかに、日本語を同じ表現はありません。

ですが、英語には、レベル別の丁寧な表現が存在します!

日本語と違って英語は、文化的背景が違う人たちでやりとりされている言葉。

マナーがなっていなければ、相手から誤解されてちゃうかもしれません。

相手に敬意を伝えられる英語の丁寧語表現の鉄板、3個ご紹介しますね。

これを使いこなせれば、相手にいやな思いをさせず、英語でお願いをしたり、断ったりできるようになりますよ^^

Please は使っちゃダメ

まず最初に、やりがちな間違いについて、お伝えしますね。

それは、Please を使ってお願いしちゃだめ、ということ。

「Please」を使うと丁寧な表現になる、と学校で習いましたが、じつは、Pleaseは、

それほど丁寧な表現ではありません。

たとえば “Please send it.” と言うと、日本語にすると「これ送って」という、やや上から目線の表現になってしまいます。

「これ、送っておいて」

と相手から言われたら、ちょっと、きついですよね^^;

強く言いたい場合やたまに使う程度なら良いのですが、ふだん使うのは避けておきましょう。

丁寧表現1: Could you …?

ではどんなふうな表現をするか。

一番よく使えるのは、Could you または Would you です。

”Could you send it to us as soon as possible?”

「これをできるだけ早く、私たちに送ってくれませんか。」

となります。

なぜこれが丁寧表現になるのか、というと、実はここの ” Could ” は、仮定法からできているんです。

ちょっと面倒な文法の話になりますが、丁寧表現を理解するうえでとっても大事なので、ついてきてくださいね^^

英語の仮定法

英語には、If ではじまる「仮定法」という表現があります。

たとえば、こんな感じです。

If it is fine tomorrow, we will go to the park.

「明日お天気なら公園にいくつもりです。」

この表現だと、「明日の天気が晴れ」というのは、十分可能性があることです。

なので公園にいける確率も高いです。

ですが仮定法には便利な使い方があって、時制を過去にすると、可能性が低い話をすることができるのです。

先ほどの文章を過去形にしてみますね。

If it was fine today, we would go to the park.

こうすると、今日のお天気は晴れではない状況で、「(もし)今日晴れていたら、公園にいくのに。」という表現になります。

時制を考えるとちょっと面倒かもしれませんが、仮定法、すっごく便利です。

というのも人は、常に「タラレバ」で考えている生き物。

こうだったら、ああだったら、私だったら、という表現、日常生活でたくさん使いますよね。

仮定法を使えば、タラレバの話が自然に言えるんです。

たとえば、恋人のプロポーズを断ろうとしている友だちにアドバイスするとき。

こんな風に言えます。

”If I were you, I would not marry him.”

「私があなただったら、私は彼と結婚するのに。」

この仮定法、表現を丁寧にするときに、とっても役にたつんです。

丁寧な表現は、「(もしよろしければ)これをしてもらえませんか。」といった、いってみれば枕言葉みたいなものが、言葉の外についています。

そこで、相手にお願いしたいときに、こんなふうに表現します。

Could you sent it to us?
「それを私たちに送っていただけませんか。」

「Could you」をつけることで、「もしよろしければ」の枕言葉を伝えることができるんです。

もちろんこれ、「Can you 」でもいいです。丁寧な表現として受け取られます。

ですが、「Could you 」にすることで、「本当はこんなことお願いすると悪いんだけど」「お願いすべきじゃないんだけど」といった遠慮、相手に対しての強い敬意を込めることができるんです。

Could you の上をいく丁寧表現

Could you 意外にも、いくつか丁寧表現があります。

ご紹介しますね。

といっても、先ほどの仮定法の応用編です。

ひとつめは、こちら。

“It would be appreciated if you could send it as soon as possible.”

「もしあなたがこれを出来る限り早く送ってくれると、助かります。」

“It would be appreciated if ~“ というと、「もしあなたが~をしてくれたなら、ありがたいです」となります。

どちらかというと、メールで使われます。

この表現も、「こんなことをしてもらうのは申し訳ないけど。負担かけちゃうけど。でも、もしできればやってくれると有難いのです。」という気持ちを、仮定法を使って表現しています。

もっと強く伝えたい!という場合には、

“It would be highly / much appreciated if you could sent it to us as soon as possible.”

と、highly や much をつけてくださいね。

強いお願いの気持ちをつけることができます。

他の方法としては、mind があります。

mind は単体では、「気にする」という意味です。名詞だと、マインド。そのままですね。

よく日本語で “Don’t mind” といったりします。

これは、「気にしない!」という意味です。

「どんまい」ですね。

これを丁寧表現でつかう時は、こんなふうにします

“Would you mind if I ask you this?”

「もし私がこれをあなたにお願いしたら、気にしますか?」

=「これをやっていただいてもいいですか。」

相手の気持ちをすごく尊重している表現ですよね。

これに対して、「大丈夫だよ!」というときは、「No」で答えます。

Yes と答えちゃうと「気になるよ=いやだな」と否定の意味になっちゃうので、注意してくださいね。

ほかにも色々、丁寧表現

3つの丁寧表現をご紹介しましたが、ほかにも、いくつかあります。

たとえば、

Can I  ~ ときくと、「~してもいい?」という意味になります。

また、Would it be possible for you to ~ なんて表現もあります。

“Would it be possible for you to send this document by the end of the next week?”

「この書類を来週末までに送っていただくことって、可能でしょうか。」

とはいっても、色々な表現は、使いこなす必要はありません。

「Could you 」ができれば問題なし!

まずは、Could you をつけておきましょう。

日本語の敬語と尊敬語は、英語にできない

英語の丁寧な表現をご紹介しましたが、当然、日本語と同じではありません。

それは日本語の方が丁寧というより、私たちが無意識に使っている日本語には、さらにこみいった意味がはいっているからです。

じつは日本語には「相手がだれか」を前提に表現をきめる部分がたくさんあります。

相手が自分にとって中の人か、外の人かで、表現を変えているんです。

たとえば、社長秘書の電話応対。

会社の外の人から電話があると、

「○○はいま、でております」

と、社長を呼び捨てにして、返事します。

会社の中の人からの電話であれば、

「社長はいま、でていらっしゃいます」

と、社長にたいして尊敬語を使って答えます。

こんなふうに、私たちは、相手がソトかナカか判断し、尊敬語や謙譲語を瞬時に使いこなしているんです。

こういったウチソトの表現、英語にはありません。

そして、日本語を勉強する外国人にとって、ハードルが高い部分だそうです。

たしかに、こんなことを考えて話そうとすると、日本語を完全に使いこなすってむずかしそうですね^^;

私たちって無意識にいろんなことを考えて、言葉を選んでいるんですね。

まとめ:英語で丁寧に伝える言葉

英語で相手に丁寧にお願いする場合は、Please だけだと、ぶっきらぼうな印象です。

また、英語には、日本語独特の尊敬語・謙譲語は英語にはありません。

ですが、英語でも丁寧な言葉はもちろん大事です。

仮定法の丁寧表現を使えば「もしよろしければ」というニュアンスを伝えられます。

具体的な表現は次の3つ

Could you/ Would you

It would be (highly/much) appreciated if you ~

Would you mind if I ask yo to ~?

色々面倒な表現を覚えるのが面倒だったら、「Could you ] だけ、覚えてくださいね^^

これだけでも、相手への敬意はしっかり伝えられます。

★同じカテゴリの記事はこちら★