英語発音フォニックス子音編3

BとPのフォニックス発音

BP

B:どうも。Bです。

P:どうも。Pです。

kumata_what:こ、、、こんにちは。えーと、ビーさんとピーさん。

B:おれは、ビーではない。Bだ。

kumata_what:び、、ブーさん。

B:ちがう。こういきおいよく B!!

kumata_what:ビッ?ブッ?

B:ちがう、ちがう、ちがーうぅぅぅ・・

usako_irritate:く・・くまたくん、なかせちゃったわよ。

mama_sad:ご、ごめんなさいね。さっぱりわからないけれど、うちのこのせいで・・。

superteacher_smile:かれは、カタカナでよばれることにがまんがならないのさ。

Bをはつおんするときは、
1.くちをしっかりとじて、

Mouth_B1

2.それから、おもいっきり「パッ」といきをだす。はれつするみたいにね。

くちびるは、まるめないでね。

Mouth_B2

B:それがB!

mama_sad:ビッ?

B:うわぁぁぁ・・・ちがーうぅぅ。

P:なくなよ、しょせん、くまにはオレたちを発音(はつおん)できないのさ。

kumata_irritatemama_irritateママ:むかっ・・・

superteacher_gikuri:セ、、セニョリータ、、、BとIがいっしょになっているよ。

カタカナでよむと、ビーとなってしまうのさ。「い」というおとが、いっしょにくっついてきちゃう。英語(えいご)では、BはBだけなのさ。

mama_sad:むずかしいのね・・。

superteacher_smile:カタカナのビーはわすれていってみよう!

usako_normal:B!!

B:そうだ!うさぎ。

usako_happyわあ。なんだか、くちをしっかりとじたあと、ひらくときに、いきを、おもいっきりだすかんじにしてみたの。B    だけをだすつもりで。

superteacher_smile:まあ、、、さっきぼくがいったのと、おなじだけどもね。

kumata_irritatemama_irritate:B!

B:そうだ、くまのおやこ。やればできるじゃないか。
よし、おれのやくわりは、おわったようだな。あばよ。

P:ちょ、、、ちょっとまってぼくもいるよ。

superteacher_normal:Bのときとおなじだけど、Pのときは、こえをださないで。
いきだけをだしてみて。ぷっと。

kumata_normalmama_normalusako_normal:P

superteacher_normal:うん。そうだ。

BP:じゃあな。おれたちはもどるぜ。

superteacher_normal:ありがとう!さてみんな。これでBとPはマスターだね。

mama_sad:しょっぱなから、こい人(ひと)たちだったわねえ。

kumata_normal:へんなひとたちだったね。

mama_sad:これ、くまた!しつれいないいかた、しないの!

superteacher_gikuriusako_irritate (じぶんだって、同じ(おなじ)ことをいっていたような・・)

kumata&mama

CKGのフォニックス英語発音へ

♣—♣—♣—♣— ♣—♣—♣—♣— ♣—♣—♣—♣— ♣—♣—♣—♣—

【やってみよう】

BとPをつかった単語(たんご)の発音(はつおん)にチャレンジ!

Bear(くま)

Book(ほん)

Boy(おとこのこ)

Paper(かみ)

Pencil(えんぴつ)

Pot(ポット)

CKGのフォニックス英語発音へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする