英語発音フォニックス ダイグラフルール2

♣パターン1:Hといっしょにでてくるとき♣

PetitTeacher_normal:じゃ、さいしょに、よくあるパターン。

うしろにHがつづくと、音(おと)がかわることがおおいんです。

2つの音(おと)がつながると、ちがった音(おと)になりますよ!

よくきいてくださいね。

———————————————————————————————

【CH】

ふだんつかっているものによくでてきますね。
Check (チェック)や、Cheese(チーズ)もこの音(おと)!

★読んでみよう:Chin(あご)

———————————————————————————————
【GH】

これは、[F]の音とおなじです。

★読んでみよう:Enough(じゅうぶん、たくさん)

*ただし、音(おと)をださないときもあるよ!

High(高い)

———————————————————————————————
【PH】


これもなんと、[F]の音!

★読んでみよう:Elephant(象 ぞう)

———————————————————————————————

【SH】

「シュッ」ってかんじで。

これも、みじかなことばにはいっていますよ。
Shop (ショップ)、Fresh(フレッシュ=しんせん)とかね。

★読んでみよう:Fish(さかな)

———————————————————————————————
【TH 1】

THには、息(いき)だけのときと、声(こえ)もだすときの、2つの音(おと)のだしかたがあります。
さいしょは、息(いき)だけのほう。

1. 歯(は)で舌(した)の先(さき)をかるくはさむ。

2. すっと舌をぬきながら、息(いき)をだしてみましょう!

「S」の音(おと)と、ちゃんと区別(くべつ)できると、かっこいい発音(はつおん)になりますよ!

★読んでみよう:Thank you(ありがとう、サンキュー)

———————————————————————————————
【TH 2】

こっちは、音(おと)がでるほう!

The とか、This(これ)とか、That(あれ)とか、とてもよくつかう単語(たんご)のなかにでてくる音(おと)ですね。
さっきとおなじように、舌(した)を歯(は)のあいだにはさんで。舌(した)をぬきながら、こんどは息(いき)だけじゃなくて、声(こえ)もだしてみましょう。

★読んでみよう:There(そこ)

———————————————————————————————
【WH】

w単独ですと思いっきり口を「ウ」の口にしますが、[wh]のときはそこまでせず、口をすぼめる程度の「ウ」の口で。

[wh] は、what、why、which、と、疑問系によくでてくる音です。

what を ホワットとカタカナにしないで、発音できると、かっこいい音になりますよ!

(ちなみに、who のときはwを発音せず、hの音だけになります。)

★読んでみよう:Whale(くじら)

そのほかへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする