TOEICは独学で800点取れる!元TOEIC講師が教える勉強法

シェアする

TOEICの点数は、子育て中でも、残業続きでも、のばせます。

短期間でTOEIC点数を劇的にのばせる 超スパルタで具体的な勉強方法、

お伝えしますね。

TOEICは何点とったら、一目おかれる??

まずは、「TOEICで何点とりたいか」決めてみてください。

もし「TOEICの点数の目安がわからない・・」という場合には、 問題です♪

「いま日本で、履歴書に堂々と描けるTOEICの点数」はたして、何点からでしょう?

履歴書に書けるTOEICの点数、

仕事で英語ができる!と思われる点数、

諸説あるかもしれませんが、

人から聞いたり、自分自身で感じてきたことを基にした私の判断は、

TOEICスコア600点

です。

これより低い点数、たとえば400点代などは、むしろ書かないほうが

いいのでは、と思います。

この点数の目安、TOEICを実施している団体が上場企業向けに行った調査でも、

ほぼ同じようです。

こちら、「採用時にTOEICスコアを参考にするか」のアンケート結果。

f:id:banana_hoshii:20180530153800p:plain

http://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/katsuyo_2013/pdf/katsuyo_2013.pdf

2013年 「上場企業における英語活用実態調査」報告書, p.10

中途採用のほうが、やはり、点数基準が厳しめですね。

600点から書けますが、やはり 英語を武器にするには、700点以上 取っておくことをおすすめします。

ちなみに国際部門の場合、700点、、できれば800点以上の点数を取っておくことがおすすめです。

こちらは、「グローバル化に伴う業務遂行に必要なTOEICスコア(国際部門)」のアンケート結果です。

f:id:banana_hoshii:20180530154203p:plain

http://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/katsuyo_2013/pdf/katsuyo_2013.pdf

2013年 「上場企業における英語活用実態調査」報告書, p.7

まずは目標のTOEIC点数を決めましょう♪

思っていたより、高かったですか?低かったですか?

このあたりを基準に、まずは目標のTOEICスコアを決めてみることを、おすすめします。

もしあなたが今500点ぐらいであれば、半年後に700点以上は十分ねらえます。

今 600点であれば、800点以上いけると思います。

もちろん、やり方によっては もっといけます!

ただ、もしいま あなたの点数が300点や400点、

  • 英文法がまったくわからない、
  • 基本単語も思い出せない・・

というレベルであれば、まずは英単語や基本の英文法からはじめることをおすすめします。

というのも、英検とは違い、TOEICは全員が同じ試験を受けます。

すると、英語力が低い状態で受けると、

「ほとんどの問題がわからない」、「解答をみたところで、わからない。」

となり、非常にストレスのたまる状態になってしまうからです。

当然、挫折もしやすくなります。

TOEICは、どうやって独学で勉強すればいいの?

目標点数を決めたら、次は勉強方法です。

王道は、TOEICの過去問、あるいは模試の問題集を買って、やってみること。

ちなみに、もしも今の自分のTOEIC点数がわからず、目標TOEIC点数が決められない場合にも、やっぱり最初は模試を1回やってみましょう。

*とりあえず王道は、ちょっと高いですが公式問題集

終わったら、有名どころを解いていくとよいかと思います

このときに、ひとつ、ご留意点。

模試とはいえ、できるかぎり本番とまったく同じ環境でテストを解いてみることを、おすすめします。

TOEICの制限時間は、

リスニングパート 45分(100問)

リーディングパート 75分(100問)

ぜひ、時間をはかってみてください。

さらに・・

模試本には大体マークシート形式の解答用紙がついています。

模試のときには、鉛筆で、この解答用紙にマークをつけていってください。

マークシートのテスト、学生の時以来の経験かもしれませんが、意外と、ぬりつぶすのに時間がかかるんですよね^^;

間違えると、消しゴムできれいに消すのも ちょっと手間だったりして。

一見TOEICとは関係なさそうに思える部分なんですが、これらもすべて、点数につながる部分。

鉛筆と消しゴムを用意して、本番と同じ気持ちで、模試を解いてみてくださいね。

そして模試が終わったら、次は採点。

TOEICの採点方式は公表されていません。

200問あるので、普通に1問5点、1000点満点として、採点してみてください。

実際の点数とそこまで大きく変わることはないかと思います。

TOEICはスポーツ!!!

さて、模試の点数いかがでしょうか?

ちなみにTOEICを初めて受ける人は大体、「つかれたー!!!といいます。

というのも、リスニング+リーディング含め、全部で2時間あります。

日常生活で、2時間 何かに集中することって、あんまりないですよね!?

しかもリーディングパートにいたっては、聞き逃したら、アウト!!!な世界です。かなりの集中力が求められます。

模試の時点で集中力が続かなければ、もちろん、本番でも続くわけがありません・・^^;

私ははじめてTOEIC模試を解いてみたとき、息ぎれするかと思いました。

TOEIC対策本の編集者さんも、こうおっしゃってます。

TOEICはスポーツだ!!!

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3273779

私も同感。

TOEICは英語のテストであると同時に、スポーツです^^

ひょっとしたら、ダイエット効果も結構あるかもしれません!!

TOEICの勝敗は解いた模試をどう生かすで決まる!

TOEICの模試は、もし あなたが本気で短期間で点数をのばしたいのであれば、週に1度解くことをおすすめします。

というのも、それぐらいのペースでないと、集中力継続訓練が、できないんです。

さらに、もっと大事なのが、模試を解いた後。

はっきりいって、解いた模試をどうするかが、点数アップに直結します。

きちんと採点して答え合わせした後、リスニングパートは、

  • 音読する
  • リピーティングする(音声を聞いて、繰り返す)
  • 聞き直す

といったことを毎日やってください。

たとえば月曜日は音読、火曜日はリピーティング、水曜日は聞き流す・・・

どんどん耳が鍛えられていきます。

慣れてきたら、シャドーイング:音声を聞きながしながら、なにも見ずに、そのままマネしていくもおすすめです。(難易度、高いです。)

リーディングパートについては、自分が苦手なパートに関する攻略法をしってください。

このブログにも書いていきますので、参考にしてくださいね。

苦手パートに関する問題集を解くのもおすすめです。

そして、最後に・・1度解いた模試を2週間後ぐらいに、もう一度解く。

そうすることで、学習の成果も確認できます。

TOEICの点数をのばす方法 まとめ

以上、TOEICの点数を劇的にのばす方法をまとめますと、

  1. まずは目標のTOEIC点数を決める
  2. TOEIC模試本を買ってきて、本番と同じ環境で解く
  3. 1問〇点で採点する
  4. リーディングを毎日聞くか、音読するか、リピーティングする
  5. 苦手なパートの問題集を買ってきて、解く
  6. 2週間後ぐらいに、もう一度同じ模試を解く
  7. 模試は週に1度解き、毎回上記を実行する

短期間で点数をあげるためのTOEIC勉強法、

いかがでしたでしょうか?

勉強時間は1日2時間から3時間、もちろん何かしながらでOKです。

通勤時間にリーディングパートを聞いたり、お昼の時間に問題集を1ページずつ解いたり。

朝1時間ぐらい早めに起きて勉強時間を確保できれば、あとはスキマ時間で

意外と勉強できてしまいます。

・・きびしすぎますか?

これは、劇的に点数をのばせる超効率的なTOEIC勉強方法なので、結構、スパルタです。

もう少しのんびり、というのも、もちろん、ありです。

模試は、本番前に、本番と同じ条件で、最低3回は模試をとく。

これは絶対、やっておいて損はありませんよ♪