TOEIC Part7 : 長文を解く時間が足りない!英語の長文をスラスラ読むコツ

TOEIC勉強法

TOEICの模試やってみましたが、時間切れで全然できません!

それに長文になると、英語を読む気がなくなっちゃいます・・・

 

以前、こんな悩みをご相談いただきました。

英語の長文が読めない、読む気がしないって方、結構います^^;

長文読解はどんな試験でも一番得点に結びつく場所なので、すっごく、もったいない!!

長文がスラスラ読めて得点が上がるコツは、

英語を「前から読むこと」、そして「問題から先に読むこと」

大事なのは、この2つだけ。

英語の長文が早く読めると、TOEICが時間内に解き終わるので、一気に点数がのびたりしちゃいます。もちろん、仕事でも生かせます。ながいメールもさくっと読めます。

2つのポイント、今回はまず、最初のポイントをご説明していきますね。

 

長文読解のコツ:英語は必ず前から読む

ではさっそぐですが、こちらの長文読んでみてください。

Sparky Points, Inc., makes it easy to select the right colors for your home. Browse throught hundreds of colors on our Web site, www.sparkepoints.com.Select your top colors, and we’ll send free samples right to your door. Our color samples are three times larger than typical samples found in home-improvement stores and come with self-adhesive backing, allowing you to adhere them to your walls so you can easily see how colors will coordinate in your home. When you’re ready to begin painting, simply select your chosen colors online, and we’ll ship the paint of your choice to arrive at your home within 3-5 business days, or within 2 business days for an additional expedited shipping fee.

* Actual colors may differ slightly from what appears on your monitor. For this reason, we recommend ordering several samples in similar shades.

参照元:bout/format/sample07_04.html (IIBCのサイトよりTOEICサンプル問題)

 

ながーいですね^^;

こちら、TOEICを実施している業界団体のサイトに掲載されているTOEIC Part7の例題です。

TOEIC Part7 はこういった長文が3セットで1つの設問文として出てきたりします。

とにもかくにも、英語を早く読めなければ、話にならないいんです( ・`ー・´)

 

こういった長文を読むときの1番のポイントは、英語は必ず、前から読む!ということ。

私たちが学生のころ、「この英語を日本語にしなさい」という問題をよく解かされましたよね。 こういう問題は「英語をきれいな日本語にしなさい」といっているのと同じ。これでは、「日本語力」は鍛えられても、英語力は鍛えられません。

たとえば、一番最初の文を例にとって訳してみると、こんな感じです。

 

”Sparky Points, Inc., makes it easy to select the right colors for your home. ”

「Sparky Points社は、あなたの家にあった正しい色を選ぶことを簡単にします。」

 

かなりぎこちない日本語訳ですが^^; 日本語として、意味は通りますよね。

こんなふうに訳すためには、英語をそのままの順番ではなく、後ろから訳していく必要があります。これを「返り読み」といったりします。

 

たとえば上の文章だと、”for your home(あなたの家にあった)” まで読んだあと、”to select the right colors(正しい色を選ぶことを)” に戻り、そそれから ”make it easy(簡単にします)”  に戻って訳していきます。

 

もしあなたがこんなふうに返り読みで英文を読んでいるとしたら、まさにそれが、英語を早く読めない原因です!

英語と日本語は文法がまったく違います。

英語だと主語のあとに動詞がきます。日本語だと動詞は最後です。

英語を早く読むには、英語の語順に慣れて、英語をそのままの順番で理解できるようになること。これが近道です。

 

先ほどの文章でいくと、

”Sparky Points, Inc., makes it easy to select the right colors for your home. ”

「Sparky Points社は、簡単にする、選ぶのを、色を、あなたの家のため」

 

こんなふうに頭の中で訳していってください。

こういった語順で読むのに慣れていくと、間もなく、英語を英語のまま理解することができるようになります。そうなると、読む速度がかなり早くなります。

 

返り読みをしている限り、読む速度はある程度までしか早くなりません。

日本語にしようとするブレーキをかけながら、無理やり英語にするアクセルを踏んでいるようなものです。

ものすごくエネルギーが必要なのに、効果がイマイチという残念なことになります。

英語はかならず、英語のままの語順で読んでください。

 

最初は区切り線(スラッシュ)を入れて読むのもオススメ

英語を英語のままの語順で読む際、もし慣れない場合には、「区切り線(スラッシュ)」を入れながら読む、という方法がオススメです。

たとえば先ほどの文章でしたら、スラッシュはどうはいるでしょう?

 

”Sparky Points, Inc., makes it easy to select the right colors for your home. ”

 

すこし、考えてみてくださいね。

正解は、

 

”Sparky Points, Inc., / makes it easy / to select the right colors / for your home. ”

 

こんなふうに入れていくと、読みやすいかと思います。

1つの文章を 主語、動詞、目的語、と、かたまりごとに切ってあげる感じです。

 

スラッシュをいれると読みやすくなる、という人は結構多いので、「もし英語の長文が読みにくい・・・」という場合には、一度、ためしてみてくださいね。

 

一度読んだ長文を何度も読んで英語に慣れる

スラッシュをいれて読むには、英語の構造がわかっている必要があります。

 

「でも・・・スラッシュは一体どこにどうやっていれたらいいんだろう??」

「文章をどこで区切っていいのかわからない。。」

 

って なやんじゃう場合には、まずは、一度解いた問題集を何度もやってみる、というところから、はじめてみてくださいね。

英文法はわかるけれど英語の長文読解が苦手、という人は、単純に、英語を読みなれていなかったりします。

毎回新しい英語を読んでみる、英語でニュースを読んでみる、というのもいいですが、

これに加えて、一度読んだ長文を繰り返し読んでみる、というのを、ぜひ、取り入れてみてください。

 

あなたがTOEICや英検といった何か試験対策をしているのであれば、問題集の長文読解のパートがおすすめ!

一度解いた後、しっかりと意味を理解してから、2週間後ぐらいにもう一度解いてみてくださいね。

ひとつの問題集は、3杯はおいしくいただけます^^

解けば解くほど、味がでます。

 

主語・動詞・目的語 (SVO)といった英語の構文が、あなたの頭の中に根付いていくと、初めて読む英文でも、どこにスラッシュをいれていいのか、わかるようになります。

基礎力がつけば、頭の中で勝手にスラッシュがはいって、英文を前からそのまま理解できるようになっていきますよ。

 

まとめ:英語を早く読むには

今回お伝えしたことをまとめますね。

英語の長文をはやく読めるようになるには、

 

① 英語をそのまま前から読む習慣をつける(返り読みをしない)

② スラッシュをいれながら読んでみる

③ どこで区切っていいか分からない場合は、問題集を何度も解いて英語の構文に慣れる

 

あきらめないでくださいね。

地味な積み重ねがあなたの英語の基礎力になります!

英文を早く読むことができれば、TOEICは必ず点数が上がります。

次回は、2つめのポイント、「問題から先に読むこと」についてお話しますね。

 

★あわせて読みたい記事はこちら★

TOEICは短期間で800点とれる。元企業のTOEIC講師がこっそり教える対策
TOEIC800点ってむずかしく聞こえるかもしれませんが、がんばれば、とれちゃう点数です。あなたが今、子育て中でも、残業続きの日々でも、達成できます^^ 今回は、半年という短期間でTOEIC点数を劇的にのばせる...

コメント