社会人になってからやる英語は大変!1年で英語学習の成果を得るコツ

シェアする

社会人になってから英語を勉強するのって、大変ですよね。

私もやりなおし英語組だったので、大変さ、感じてきました。

なにせ大人には、「いますぐ」「明日まで」の仕事がたくさん。

そういったなかで、自分の意志だけで勉強を続けるのは至難の技。

つまり、社会人になってから英語を勉強して、成功するポイントは、「英語」以外の部分にあるんです。

それは・・・

◆正しい英語の勉強法を決めること

◆英語を勉強する時間を確保すること

◆それを3週間続けて習慣にすること

◆3週間続けたら、3ヵ月続けること。

この戦略をきちんと実行できたら、1年後のあたなの英語力は、今とはまったく違ったものになってます^^

順番に、お伝えしていきますね。

正しい英語の勉強法を決める

あなたにあった英語勉強方法は、あなたのレベルによって違います。

もし学校英語で躓いてしまったとしたら、中学英語のやりなおしからスタートするのがおすすめ。

★前回記事

基本の英文法・英単語はわかる!という場合には、アウトプットの練習がおすすめです。

オンライン英会話学校や、英語での日記など、アウトプットの練習を毎日、続けてください。

自分にはリスニング力がない、読む速さが遅い、など、個別の問題を感じている場合には、「どうやったら克服できるか?」考えてみてくださいね。

「自分のレベルが分からない」場合は、こちらの英語診断、受けてみてくださいね^^

英語を勉強する時間を確保する

英語の勉強方法が決まったら、次は、時間の確保

忙しい社会人は、勉強時間の確保が成功できるかどうかの、最大のカギ!

多くの人は、忙しい日々のなか、今すぐやらなくてもいい英語を続けることができずに、挫折しちゃいます。

あなたの時間は、限られています。

そして忙しいのは、3ヵ月後も、1年後も同じ。

忙しい中でどうやったら時間を作り出せるのか。

私がよくおすすめするのは、「早寝早起き」そして、「スキマ時間の有効利用」です。

早朝学習のススメ

早朝学習と聞くと大変そうですが、でも、一日のうちで、一番効率がいいんです。

夕方や夜は、一日の色々なことですでに疲れていて、勉強に頭がむきません。

さらに、うっかり予定が入ってしまったり、何かが起こって勉強できなくなる、というリスクが高いんです。夜は見たいテレビだって、ありますよね^^;

オリエンタルラジオ 中田さんの早朝学習法

ちなみに、早朝勉強は、受験で成功した人たちもよくやっている方法です。

慶応大学出身のオリエンタルラジオの中田さんも、早朝勉強派です。

アメトークでは、次のように言っていました。

早朝3時から6時に勉強をすることをオススメする。夜中の勉強では、時間が経つにつれて眠気で集中力がなくなるが、朝だとどんどん頭が冴えてくるので効率がよい。

参照元:http://news.livedoor.com/article/detail/9965893/

ちなみに・・・中田さんは、同じ番組内で、「眼帯勉強法」というのを試したと、明かしています。これは左右にの眼に交互に眼帯をつけて、勉強するというもの。こうすることで、片方ずつ脳をやすめることになり、休みなく勉強しつづけることが可能と思ったとか。

この勉強法で体調を崩し、病院送りになった中田さんは、診察の結果、こういわれたそうです。

「脳に異常はないが、君は異常だ。」

たしかに・・・^^;

この勉強法はいかがなものかと思いますが、ただ、勉強方法から考え続ける中田さんの方法は、さすがですよね。

スキマ時間の超活用方法

早朝に加え、英語の勉強では「スキマ時間」も使えます。

一番利用できるのが、通勤時間。

朝電車にゆられている間、駅まで歩いている間、暇さえあれば、耳にイヤホンをつっこんで、英語を聞き続けらます。

頭の中で英語日記を作ってみるのもおすすめ。

他にも、約束の時間に早めについてしまったときや、行列を待っているときなど。

英単語を読み返すのに使えたりします。

こんなふうに時間を作っていけば、早朝の時間+スキマ時間で、毎日2時間~3時間は確保できます。

土日も同じ程度頑張ったとして、1カ月やりつづけると、

3時間×30日=90時間

1年間続けると、

90時間×365日=1080時間

です。

結構、すごくないですか!?

ちなみにこちら、TOEICの目標スコアを得るために何時間の勉強が必要か?

勉強時間の目安を記した表です。

“例えば、今のスコアが400 点で目標が700点の場合、 およそ750時間!の勉強が必要ということになります。”

出典元:http://www.prolingua.co.jp/jjapanese/jjtoeic.html

もしあなたの今の英語能力が200点だったとしても、1000時間勉強すれば、TOEIC700点になります。

新しい習慣を3週間→3ヵ月続けること

勉強方法を決めて、勉強時間を確保できたら、次に大事なことは、続けること。

これが、一番大事で、大変なところです。

このときカギになるのが、「習慣」にしちゃうこと。

習慣になる前に行動をとるには、エネルギーが必要です。

習慣化してしまえば、何も考えずに、続けることができます。

歯ブラシを同じように英語を習慣にする

どういうことかといいますと・・・

たとえば、歯ブラシ。

昔は、歯ブラシで歯を磨くという習慣はありませんでした。

歯磨き粉を売りたい会社は、どうやって「歯をみがく」ことを広められるか、考えました。

そこで、歯磨き粉にミントをいれたんです。

この刺激がはいることで、「歯をみがいた!!」という達成感が得られます。

こうして歯を磨く行為を続けるようになります。

毎日続けていると、今度は「歯を磨かないと気持ち悪い・・・」と、なります。

歯を磨くことに伴う面倒さよりも、歯を磨かずに感じる不快感のほうが、強くなったんです。

そうなれば、あとはもう何も考えなくても大丈夫。

勉強も同じです。

新しい行動は習慣化させるまでが大変。

でも一度習慣になってしまえば、今度は、「やらない」ほうが不快になってきます。

3週間つづけることで習慣になる

このときカギになるのが、3という数字。

まずは3日、次に3週間、そして3ヵ月・・・3という数字を目安に続けること。

というのも、最初から「1年間やるぞ!」と思うと、なんだか、先行きが長すぎて疲れてきちゃいます。

なので、最初は「3日間つづける」

これができたら、「3週間」

小さなステップを達成していくことで、自信もつきます^^

ちなみに、新しい習慣は「21日間続ければ習慣にすることができる」と言われています。

こちらの本は、一時期ブームになりました。

そういえば昔、「3年目の浮気」という歌が流行りましたが・・・(古すぎですかね^^;)

3という数字は、人間の行動を制御するキーなのかもしれません。

まとめ:英語を習得するには、そのための戦略をつくる

社会人が英語を勉強するには、「戦略」が必要。

「ただ勉強する」のではなくて、「勉強方法から考える」、そして「どう時間をどうねん出するか工夫する」、最後に「習慣化できるまで継続する」。

具体的には、次の4ステップになります。

◆正しい英語の勉強法を決めること

◆英語を勉強する時間を確保すること

◆それを3週間続けること。

◆3週間続けたら、3ヵ月続けること。

忙しい社会人だからこそ、頭を使って戦略を作ることが大事なんですね。

多くの人は、戦略をたてずに、ただ英語を勉強して、そして、続かなくなっちゃいます。

きちんと最初に戦略をたててやることで、他の英語学習者に、どんどん差をつけることができちゃいます。

ちなみに、記事の中で「1000時間の勉強時間を確保する」と書きましたが、1000時間は、すごい量です。

1日2~3時間、1年間勉強する習慣を作ることができれば、英語以外にも、あなたの人生を変える資格やスキルを手に入れられます。