長文読解が苦手な人は正しい解き方を知らないだけかも。点数がすぐ上がる攻略法

シェアする

今回は英語の長文読解のお悩み解決2回目です。

1回目の記事は、こちら。英語が早く読めるようになる方法です。

2回目の今回は、問題の解き方。

ずばり、「問題から先に読むこと」

これは知っていると知らないでは、点数に大きく差がつきます。

テストで高得点を取る人は必ず知っているこの方法、詳しくお話していきますね。

長文読解のコツ:問題から先に読むこと

ではさっそぐですが・・・前回に引き続き、また こちらの長文読んでみてください。

Sparky Points, Inc., makes it easy to select the right colors for your home. Browse through hundreds of colors on our Web site, www.sparkepoints.com. Select your top colors, and we’ll send free samples right to your door. Our color samples are three times larger than typical samples found in home-improvement stores and come with self-adhesive backing, allowing you to adhere them to your walls so you can easily see how colors will coordinate in your home. When you’re ready to begin painting, simply select your chosen colors online, and we’ll ship the paint of your choice to arrive at your home within 3-5 business days, or within 2 business days for an additional expedited shipping fee.

* Actual colors may differ slightly from what appears on your monitor. For this reason, we recommend ordering several samples in similar shades.

参照元:bout/format/sample07_04.html (IIBCのサイトよりTOEICサンプル問題)

やっぱり、ながーいですね^^;

こちら、TOEICを実施している業界団体のサイトに掲載されているTOEIC Part7の例題です。

TOEIC Part7 はこういった長文が3セットで1つの設問文として出てきたりします。

素直に問題を解こうとすると、まず 問題文をすべて読む→質問を読む となります。

ですがそれでは、TOEIC は解き終わりません。

TOEIC以外でも、ほぼすべての試験でいえることですが、英語の長文読解は、質問から読むのが鉄則です。

理由は、そうでないと記憶がもたないからです^^;

では具体的に、この英文の質問を解いていきますね。

問題①

In the advertisement, the word “top”in paragraph 1, line 3, is closest in meaning to

A) maximum
B) favorite
C) important
d) upper

「この広告文で、1番目のパラグラフの3行目にでてくる ”top” という単語の意味に一番近いものはどれか?」

という問題です。

1番目のパラグラフの3行目に、”top” があります。

”Select your top colors, and we’ll send free samples right to your door.”

この単語は色々な意味に訳せますが、この文章であれば、「あなたの一番好きな色」という訳があてはまりそうです。

なので、”top” という単語は b) favorite という意味で使われています。

正解は、bです。

どうでしたか?

この問題、ながーい長文を全部読まなくっても、解けちゃいますよね。

試験の問題は大体、問題文の順番に沿ってでてきます。

なので、

問題を読む

→問題が解ける部分まで長文を読む

→問題を解く

→次の問題を読む

→問題が解ける部分まで、続きの長文を読む

→問題を解く

この流れで問題を解いていくのがおすすめ。

シンプルですが、強力です!

長文をすべて読み終えてから問題を解いていくのに比べて、各段に早く解くことができます。

長文のコツ:木の問題か森の問題か見極める

ではもうひとつ、問題をといていってみますね。

先ほどの長文に関する問題のふたつめです。

問題②

What are Sparky Paints customers advised to do?
(A) Apply an adhesive to color samples
(B) Visit a store to compare paint colors
(C) Adjust the color on their computer monitor
(D) Order samples of several similar colors

「Sparky Paints社のお客さんはなにをするようアドバイスされていますか?」という問題です。

よかったら、解いてみてくださいね。

この問題を解くには、長文の最後の部分を読んでいく必要があります。

“When you’re ready to begin painting, simply select your chosen colors online, and we’ll ship the paint of your choice to arrive at your home within 3-5 business days, or within 2 business days for an additional expedited shipping fee.

* Actual colors may differ slightly from what appears on your monitor. For this reason, we recommend ordering several samples in similar shades.”

特に一番最後、*マークの部分が大事です。「実際の色はモニターに表示される色とは少し違う可能性があります。このため、同じような色合いのサンプルをいくつか注文されることをおすすめします。」とあります。

なので正解は、D) Order samples of several similar colors です。

この問題も、この最後の一文だけで解けないことはないですが、ただ、その前の文章がつなげて理解していく必要があります。

さっきの問題と比べて、問題を解くために、多くの英文を読む必要があります。

実は長文読解の試験には、該当箇所だけ少し読めばとける問題と、より多くの部分・全体を読まなければ解けない問題があります。

前者を「木の問題」といって、後者を「森の問題」と読んだりします。

なかなか面白い呼び名ですよね^^

一般的に、「木の問題」は、解きやすいです。点数にもつながりやすい。

質問を先に読む、という方法を定着させて、ぜひこの木の問題を落とさないでください。

確実に点数につながりますよ。

逆に「森の問題」は全体を理解している必要があるので、難易度が高いです。

時間が足りない、となったら、ある程度あきらめる必要もあります。

でないと、解けるはずの問題までいきつけません。

長文読解は、時間との勝負!

目の問題が「木の問題」か「森の問題」か、意識して、長文読解を解く時間を戦略的に使ってみてくださいね。

まとめ:長文読解で点数をあげるためには

今回は、長文読解での点数の上げ方をお話しました。

① 問題を先読みする

② 木の問題か、森の問題か意識する。木の問題は取り落とさない。

この2つのポイント、実は、TOEIC のリスニングパート、Part3, Part4 でも使えます。

はっきりいって、英語力というよりも、攻略方法と呼べるもの。

TOEICでも受験でも、長文で高得点を取る人は、大抵やっています。

点数にかなり直結する方法なので、ぜひ、使えるようになってくださいね^^

★あわせて読みたい記事はこちら★

★同じカテゴリの記事はこちら★