英語で音読 ピーターパン7

Peter Pan

作者:James Matthew Barrie

♣今日の音読♣

(音源:LibriVox: Peter Panより)

★シャドーイングポイント1:ゆっくりバージョンです。音声といっしょに読んでみてください。★

♣英語テキスト♣

Mr. Darling used to boast to Wendy that her mother not only loved him but respected him.

He was one of those deep ones who know about stocks and shares.

Of course no one really knows, but he quite seemed to know,

and he often said stocks were up and shares were down in a way

that would have made any woman respect him.

– 出典 J. M. Barrie, PETER PAN (Project Gutenberg)

★音読ポイント1:テキストを読みながら声をいれてみてください。ぜひ、録音してください!★

自分の声を客観的に聞き、発音のクセがわかるには、

音読+録音が一番効率的です。

(ボタンをおすと録音ページへいきます。)

*当サイトでは、Ipad 等、Flash再生ができない環境では録音できません。録音についてのご留意点は、記事の最後に記載しております。また、聴きながら録音する場合、ヘッドフォンをされることをお勧めします!

♣翻訳♣

ダーリン氏(ウェンディのお父さん)は、ウェンディに、ウェンディのお母さんはお父さんを愛しているだけでなく、尊敬しているのだと自慢したものです。

ダーリン氏は株式と債券についてよく知っている人のひとりでした。

もちろん、誰にも分からない事ですが、ダーリン氏は、知っているように見えました。

そして、どんな女性でも彼のことを尊敬するようなやりかたで、よく、株が上がる、下がる、と口にしました。

♣単語・イディオム・文法♣

♣used to:よく〜したものである。

♣boast:自慢する

♣stocks and shares:株

stock は在庫品・蓄え、といった意味のほかに、株・国債といった意味があります。

share も分け前、割当、といった意味のほかに、株・株券といった意味があります。

両方似たような意味がつながっています。

one share of stock で、一株 という意味になります。

♣発音ポイント♣

今回は長いのですが、ウェンディのお父さんであるダーリン氏の特徴をよくいいあらわしている部分だったので、そのまますべていれてしまいました。

こんかいは、受験でもでてくる、王道のお役立ちの表現・文法がもりだくさんです。

といったわけで、発音ポイントではなく、文法ポイントになっちゃいますが・・

★Mr. Darling used to boast to Wendy that

このused to は、「よく〜したものだ・・」と、過去の事をいうのにつかえます。

★her mother not only loved him but respected him.

not only A but also B 「Aだけでなく、Bもまた」。超王道です!

★he quite seemed to know,

seem to は便利ですし、よくでてきます。「〜のように見える」

in a way that would have made any woman respect him.

ここはもう合わせ技!

in a way は、「〜の方法で」

would have madeは、仮定法過去完了。

漢字でかくと、わけのわからない文法名です!

でも、現実には起こらなかった事を、起こっていたらこうだったろうに・・と伝える、かなり人間味たっぷりな表現です。

ここでいえば、「(もし機会があれば、)どんな女性も、彼のことを尊敬しちゃうような方法で」➡けれど機会もなく、実際にはそんなことは起こらなかった!

という意味になります。

さらに、make は、「させる」、という意味をもつ使役動詞っていうやつです!

make any woman respect him =「どんな女性も彼を尊敬させる」

・・・というわけで。

文法ばかりだとこんがらがりますが。。

文法は、知ってしまうと、実際にでてきたときに、読解力がぐんと高まります。

意外と受験英語も使えるときもあるものです♪

♣もう一度聴いてみてください♣

★シャドーイングポイント2:もう一度、聴きながら読んでみてください。★

この時点でシャドーイング=音声を聴きながらまねできる方は、

かなり英語力の高い方です!

記事の最初のゆっくりバージョンや、テキストをみながら、練習してください。

繰り返し聞くと、最初聞き取れなかった単語が聞こえてきます。

★音読ポイント2:ではもう一度、テキストを読みながら声をいれてみてください★

(*Flash再生ができない環境では録音できません。)

音読ポイント1とポイント2の音声を、聞き比べてみてください。

(もし録音ページをとじても、もういちど「ろくおんモード」ボタンをおすと、再生できます。)

フォニックス+毎日音読練習で、英語の発音はグングンよくなります。

ぜひ、フォニックス学習と音読練習を続けてください。

英語の勉強はモチベーションの継続が最もむずかしい!

けれど、今日やらなければ、あしたの自分もこのままです。

♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—

Kumata_LR-e1388021703827★フォニックスを知りたい方は、「くまたプロジェクト」を最初から読んでみてください。60分間、楽しくお話を読むだけで、フォニックスがわかります!

★もし記事の話が気に入られたら、音声とテキストをダウンロードして、聴いて読んでみてください。ダウンロードは無料です。発音にくわえて、リスニング力・リーディング力もぐんぐんアップ!

テキスト

*英語テキストはこちら(無料):Project Gutenberg’s PETER PAN
*Project Gutenbergについてはこちらの記事をご参照ください。

英語音声

*Audio Book のダウンロードはこちら(無料)Livrivox:Peter Pan

(Librivoxのページ リストの一番上、Peter Breaks Through を選択してください。)

*Livrivoxについては、こちらの記事をご参照ください。

♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—

♦録音について♦

♣「朗読練習用 レコーダー」のページで、「再生ボタン」を押して、声を聞き比べてみてください。

もし「朗読練習用 レコーダー」のページを閉じてしまっても、各音読ポイントで、「ろくおんモードボタン」を押すと、再表示されます。

♣こちらのツールは、Flash Player 10.1以上がインストールされた機器でご使用可能です。

タブレット・iPad, iPodなどではむずかしいと思われますが、すべてでテストしたわけではありません。もしタブレットでも使えた!という情報ありましたら、教えていただけると嬉しいです。

♣現在、録音時間は30秒です。

♣録音した音声は60分の間保存されます。

♣ご意見・ご感想ありましたら、どんどんコメントいただけると幸いです!


話せる★稼げる英語メール講座はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする