英語で音読 不思議の国のアリス11:


【一日10分、楽しく聞いて音読・録音。英語の発音がみるみる変わります。】

ブログ村一位継続中!どちらかひとつ、お好きなカテゴリーをクリックお願いします!にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへにほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ

The Alice in Wonderland

作者:Lewis Carroll ルイス・キャロル

♣今日の音読♣

(音源:LibriVox: Alice’s Adventures in Wonderland (abridged)より)

★シャドーイングポイント1:ゆっくりバージョンです。音声といっしょに読んでみてください。★

♣英語テキスト♣

she soon made out that it was only a mouse that had slipped in like herself.

- 出典Lewis Carroll, Alice in Wonderland (Project Gutenberg)

 

★音読ポイント1:テキストを読みながら声をいれてみてください。ぜひ、録音してください!★

カタカナ英語から脱却し、きれいな英語発音を身につけるには、

音読が一番効率的です。

音読の基本は、まず、自分の声に向き合うこと。

自分の声を客観的に聴くことで、自分のクセがわかります。

ボタンをおすと録音ページへいきます。

*当サイトでは、Ipad 等、Flash再生ができない環境では録音できません。録音についてのご留意点は、記事の最後に記載しております。また、聴きながら録音する場合、ヘッドフォンをされることをお勧めします!

 

♣翻訳♣

アリスはすぐに、それはアリスと同じように(海に)すべり落ちたネズミにすぎないことが

分かりました。

 

♣単語・イディオム・文法♣

♣make out: 理解する、

恋人がいちゃつく、という意味もあります!

 

♣フォニックス発音ポイント♣

slipped

過去形になると多くの単語は語尾に「ed」がつきます。

この「ed」、単語によって、[d]と発音したり、[t]と発音したりするわけですが・・

じつは、規則があります。ここでクイズ!

 

1. slipped

これは、さいどの[ed]の発音のしかたは、[d]でしょうか?[t]でしょうか?

正解は、[t]。あえてカタカナでかくと、スキップト。

 

2.dreamed

こちらは、さいどの[ed]の発音のしかたは、[d]でしょうか?[t]でしょうか?

正解は、[d]。あえてカタカナですと、ドリームド。

 

3. accepted

こちらは、[d]でしょうか?[t]でしょうか?

これはどちらも不正解!

正解は [id]。あえてカタカナですと、アクセプティッド。

 

こちら、じつはルールがあるのです!

  • 無声音のあとは、[ed]は[t]で発音する。
  • 有声音のあとは、[ed]は[d]で発音する。
  • そして、最後がtやdでおわるときは、[id]で発音する。なぜかって、[i]をいれたほうが言いやすいから!

無声音というのは、ノドをふるわさず、息でだす音。

具体的には、p, k, f, s, h, θ, tʃ,  ʃ

skipped は無声音でおわっているので、[t]になります。

逆に有声音とは、そのほかすべて。

母音とか、b, g, z, n, m, r, l,

発音するとき、ノドが震える音です。

dreamed は有声音でおわっているので、[d]になります。

 

というわけで、これを暗記する必要があるのか!?ですが、暗記は必要ないと

思います。ただ、こんなルールがあるんだ、ぐらいで。

きっと、頭のどこかにルールは残ると思いますし、それにより覚えやすくなると思います。

発音のルールって、とどのつまり、みんなが話しやすい方向に流れた結果できたものです。

話しにくくなるルールだったら、とっくにすたれていますので。

そういう意味では、ルールを早めにしっちゃったほうが、発音しやすくなるかもしれません!

 

♣もう一度聴いてみてください♣

★シャドーイングポイント2:もう一度、聴きながら読んでみてください。★

 

この時点でシャドーイング=音声を聴きながらまねできる方は、かなり英語力の高い方です!

記事の最初のゆっくりバージョンや、テキストをみながら、練習してください。

オーディオを10回以上繰り返し聞くと、最初聞き取れなかった単語が聞こえてきます。

 

★音読ポイント2:ではもう一度、テキストを読みながら声をいれてみてください★

(*Flash再生ができない環境では録音できません。)

音読ポイント1とポイント2の音声を、聞き比べてみてください。

(もし録音ページをとじても、もういちど「ろくおんモード」ボタンをおすと、再生できます。)

かなり上手になっていますね。

フォニックス+毎日音読練習で、英語の発音はグングンよくなります。

ぜひ、フォニックス学習と音読練習を続けてください。

英語の勉強は継続が大事!今日の自分が、あしたの自分を変えます。

♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—

Kumata_LR-e1388021703827★フォニックスを知りたい方は、「くまたプロジェクト」を最初から読んでみてください。60分間、楽しくお話を読むだけで、フォニックスがわかります!

 

★もし記事の話が気に入られたら、音声とテキストをダウンロードして、聴いて読んでみてください。ダウンロードは無料です。発音にくわえて、リスニング力・リーディング力もぐんぐんアップ!

テキスト

*英語テキストはこちら(無料):Project Gutenberg’s Andersen’s Fairy Tales
*Project Gutenbergについてはこちらの記事をご参照ください。

英語音声

*Audio Book のダウンロードはこちら(無料)Livrivox:Children’s Short Works

(Librivoxのページ リストの2つ目、The Pool of Tears を選択してください。)

*Livrivoxについては、こちらの記事をご参照ください。

♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—

♦録音について♦

♣「朗読練習用 レコーダー」のページで、「再生ボタン」を押して、声を聞き比べてみてください。

もし「朗読練習用 レコーダー」のページを閉じてしまっても、各音読ポイントで、「ろくおんモードボタン」を押すと、再表示されます。

♣こちらのツールは、Flash Player 10.1以上がインストールされた機器でご使用可能です。

タブレット・iPad, iPodなどではむずかしいと思われますが、すべてでテストしたわけではありません。もしタブレットでも使えた!という情報ありましたら、教えていただけると嬉しいです。

♣現在、録音時間は30秒です。

♣録音した音声は60分の間保存されます。

♣ご意見・ご感想ありましたら、どんどんコメントいただけると幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>