月別アーカイブ: 2014年7月

コンダ先生のTOEIC特訓

kumata2_monooki

super_gikuri: ふぅ・・。こんなものかなぁ。

kumakichi_sad: せんせい、すいません。こんなことまでさせてしまって・・。

それに、こんなところで教えていただくことになって・・。

super_normal: いやいや、いつも、こんなかんじだから。

kumakichi_doki: え・・。そうなんですか・・。

 

 

usami_angry: 熊田くん、きいてよ、もう、あったまきた。

コンダ先生のクラスなんて、もう、二度といかない!

usami登場2

kumakichi_doki: 佐々木さん!

usami_angry: 聞いてよ〜!じつは・・

————————————————

次回からいよいよ、コンダ先生のTOEIC特訓が明らかに!!
★★TOEIC編を最初から読む方はこちらから★★

スポンサーリンク

TOEICと経営批判:

konda_normal2: ふぅ・・・。熊田さん・・経営批判ですか?
kumakichi_doki: そっそんな、めっそうもないっ。

kumataro_normal: まあ、いい。熊田くん、たしかにテストの成績がすべてではない。
君がいうように、800点をこえても、会話には苦労している者もいるかもしれない。

だが、少なくとも、英語に対する姿勢は、変わるだろう。
結果的に、全体の英語力はあがるはずだ。
テストの点数は、見えにくいものを見える化する、ひとつの指針だ。
全員で800点をめざす、と目標を具体化することで、会社方針が社内外に浸透しやすくなる。

konda_normal: さっすが社長っ。
それに、熊田さんと同じ営業部の猿木(さるき)さんは、社内トップの成績で、975点でしたよね。
会議でも通訳代わりをされていたと思いますけどね。

kumakichi_angry: 猿木は、帰国子女ですからね。

konda_normal: そう。だから、英語が話せる。だから、TOEICの点数もいい。
TOEICの点数は、実力を反映しているざますよ。

kumakichi_sad2: でも、さっき言ったとおり、コンダ先生のもとで学んで800点を超えても、実力はついていないんですよ!

super_ieie: あ・・・あのぅ。。。
もし、よかったら、ぼく、すこしのあいだ、ここに置いてもらえませんか?

kumataro_normal: ほう?

super_fumu: 部屋はどこでもよいですし、もちろん、報酬もいりませんから・・。

kumataro_normal: そこまでおっしゃるのであれば、よいでしょう。
申し訳ないが、セミナー室はもう、コンダ先生用の部屋になっているんでね。

スーパーティーチャーにはあちらの・・まあ、物置部屋で、授業を行ってもらえますかな。

kumakichi_sad2: ひ・・ひどいですよ、社長!

kumataro_normal: あと、条件があります。
あなたがどういったやりかたで英語を教えてくださってもかまいません。

ですが、熊田君のTOEICの点数を、3ヶ月で800点にしてください。

kumakichi_doki: しゃ・・しゃちょう・・・っ!

kumataro_normal: 熊田君、君がどういう方法で英語力をあげようともかまわない。
会議で困らないように、英語力をみがいてくれるのは結構なことだ。

だが私も社長である以上、自分の方針をころころ変えられないのでね。
点数目標は、達成してください。
これが条件です。

super_gikuri: わ・・わかりました。

kumakichi_angry: うぅ。。。

konda_normal2: もし達成できなかったら、どうするんですかね?おふたかた?

super_fumu: もちろん、いさぎよく、ここを去りますよ。

konda_normal2: でもそれは、たいした痛手ではないでしょう?

kumataro_normal: スーパーティーチャーは外部からいらした先生ですからね。
しかもボランティアです。
目標達成できなかったからといって、責任をとられる必要はありません。
でも熊田君には、それなりの責任をとってもらおう。

きみは、3ヶ月で800点にならなかった場合、庶務室勤務に異動だ!!!

kumakichi_shock: 派遣の女性社員しかいないアシスタント部署にですか!?

kumataro_niyari: もちろん、なんの役職もなしでな。

konda_normal: ふふ・・いざ、勝負ざますね。

Shocked_kumata vs kumataro

★★TOEIC編を最初から読む方はこちらから★★

スポンサーリンク

TOEICなんてムダ・・!?

kumata2_kumataro&konda

 

kumakichi_normal2: あ・・しゃ、しゃちょうっ。と、コンダ先生。

kumataro_normal: やあ。熊田くん。あと・・きみが、スーパーティーチャーかね?

きみが去ったあと、なぜか英語教育をうけたこともなさそうな農村のばあさんたちがぺらぺーらになっていたという、伝説の。。

kumakichi_doki: そ・・そうなんですか!?

super_fu: いや、まあ。そうなんですけども、あの件については、べつに、ぼくのせいじゃないっていうか・・。

kumataro_normal: まあまあ。謙遜は結構。しかし、きみはちびーっと、時間にルーズなところがあるようだな。
残念ながら、きみがくるのがおそかったんで、我が社は別の教師にきてもらうことにした。

コンダ先生だ。

konda_normal: Hi! Nice to meet you!

はじめまして。コンダです。せっかくお会いできたわけですが・・もう、あなたの役割はないですよ。わたしが、さるやま商事の皆様のTOEICの点数を、800点以上にしてみせますので。

kumataro_normal: ま、そういうことで・・。

kumakichi_sad2: ちょっと待ってください!!社長っ。

kumataro_normal: ん?

kumakichi_sad2: TOEICの点数があがっても、われわれの英語力は、あまり変わらないと思うんです!

konda_normal: 熊田さん?あなた、TOEIC500点程度でしたよね?そういうセリフは、せめて800点を超えてからおっしゃったらどうです?

kumakichi_angry: しかし、現に800点を超えている同僚たちも、アメリカの取引先と話す際、以前とほとんどかわらず、会話に苦労しているわけです。

たしかに、すこしは聞きとる力はアップしているかもしれませんっ。

でも・・やっぱり、かわらないんです。

このまま全員で800点を目指して、なにか変わるんですか!?

コンダ先生のもとで、みんなでせっせと小手先の受験勉強みたいなことを学んでいますけれど、かえって会社の生産性を落とすんじゃないですか?

kumataro_normal: ほう・・・!?

kumata2_kumarato vs kumata

★★TOEIC編を最初から読む方はこちらから★★

スポンサーリンク