月別アーカイブ: 2014年1月

お父さんはパイにいれられちゃった!?

【Pieの英語発音】
ブログランキング参加中。現在ブログ村「英語発音」&「英単語」1位!人気ブログランキング「英語」8位・・もうちょっと!今日もぽっちりクリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ

【Pieの英語発音】

♣英単語:Pie

♣日本語:パイ

♣発音のポイント:

Pieは[i]と[e]の母音がふたつならんでいるから、フォニックス母音のルールのふたつめ!

母音(ぼいん)がふたつくっついていたら、はじめの母音(ぼいん)はアルファベットよみ。2つめはよまない。

つまり、[i]をアルファベット読みして、「アィ」になるよ。

フォニックス 母音の発音ルールはここ

♣英語例文:

“you may go into the fields or down the lane, but don’t go into Mr. McGregor’s garden. Your Father had an accident there. He was put in a pie by Mrs. McGregor.”

(出典:The Tale of Peter Rabbit by Beatrix Potter)

♣日本語翻訳:

*なるべく直訳に近くしています。

「野原へいってもいいし、小道へいってもいいけど、マクレガーさんちの庭にいっちゃいけないよ。おまえたちのお父さんは、そこで事故にあったのだからね。マクレガーの奥さんに、パイのなかにいれられちゃったのさ。」

pie

superteacher_normal(スーパーティーチャー):これは、ピーターラビットのお話から。
お母さんが、子供達に注意をするところ。

マクレガーさんの庭にいっちゃだめだよって注意したにもかかわらず、あとでピーターはいっちゃうんだよね。

kumata_normal(くまた):ぼく、きもちわかるなあ・・

mama_normal(くまたママ):わたしも、お母さんの気持ち、わかるわあ・・。

kumata_normal:パイにいれられちゃったってことは、つまり・・・

食べられちゃったってことだね!

う・・うさぎ・・外国では、食べるんだね。

superteacher_normal:うん。スペインの有名なパエリアは、もともとウサギの肉をつかった料理だったみたいだし、イギリスでもフランスでも、たべるよね!ピーターラビットはイギリスのお話だし。
わりといけるよ!

superteacher_gikuri:・・・と、あ!!う、、うさこちゃん。

usako_sosad(うさこ):うっうっ・・ピーターのおとうさん・・かわいそうに。

♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—
Kumata_LR-e1388021703827
ネイティブの英語発音ルール、フォニックスを知りたい方は、「くまた英語」を最初から読んでみてね。お話を読むだけで、フォニックスがわかる!

きみはトメィトゥでぼくはトマト??

ブログランキング参加中。現在ブログ村「英語発音」&「英単語」1位!人気ブログランキング「英語」9位・・苦戦!今日もぽっちりクリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ

【Tomatoの英語発音】

♣英単語:Tomato

♣日本語:トマト

♣アクセント:Tomato

♣英語例文:you say tomato, I say tomato.

意味:きみはトメィトゥっていうけど、ぼく(わたし)はトマトっていう。

トマト

kumata_sad(くまた):???なにこの例文。わけがわからないよ。それに、トマトはトマトじゃないの?
sarukichi_normal(さるきち):あ、でもアメリカいったら、トメィトゥって、いっていたぜ。どっかのレストランで。
superteacher_normal(スーパーティーチャー):ふたりとも、せいかい!アメリカでは、トメィトゥってかんじだけど、イギリスでは、トマトなんだ。
じつは、Potate もアメリカではポティトゥ、イギリスではポテトさ。

kumata_normal:じゃ、イギリスは、日本といっしょだね。

superteacher_normal:日本語のマト、テトは、最初の「ト」と「ポ」を強くよむけど、イギリスでは、真ん中の「マ」と「テ」を強く読むという違いはあるけどね。
sarukichi_irritate:アメリカとイギリスは、方言(ほうげん)がちがうのか?
superteacher_normal:そうそう。そんなものかな。アメリカとイギリスでは、おなじものを違った発音で読んだりするんだ。
日本でも「マクドナルド」を、東京の人は「マック」、大阪の人は「マクド」っていうだろ?
mama_ask(くまたママ):なんだか、えらく、微妙な例ね・・。
superteacher_gikuri:うっ・・・。
kumata_normal:ふーん。おなじ英語でも、読み方がちがうんだね。
superteacher_normal:そうそう。と、いうことで、この例文の意味なーんだ?
kumata_normal:えーと。「トマトは場所によって読み方がちがうから、注意してね。」っていうこと?
superteacher_ask:うーん。。ちょっとちがうかな。ヒントは、これ、じつはラブソングのなかにはいっているんだ。

sarukichi_irritate:ラブソングか。じゃあ、「きみとぼくは違うけど、小さい違いはどうだっていいじゃないか。」 ってことか?
superteacher_smile:さっすが、さるきちくん!カンがいいね。ご名答!

sarukichi_normal:ふっ。
mama_smile:トマトも歌になると、ロマンチックねえ。

***歌のタイトルは “Let’s Call The Whole Thing Off” 。原曲では、say ではなく、like になっているよ。***
♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—
Kumata_LR-e1388021703827
ネイティブの英語発音ルール、フォニックスを知りたい方は、「くまた英語」を最初から読んでみてね。お話を読むだけで、フォニックスがわかる!

Birthday は 「TH」が決め手!

【Birthday の英語発音】

英単語:Birthday

日本語:誕生日、バースディ

発音のポイント

[Birthday] の [th]をきちんと発音すること。

うっかり [s] になったり、カタカナの「ス」になってしまうこともあるから、注意してね。

[th]をきちんとだせると、かっこいい発音になるよ!

舌をかるく歯ではさみ、すっとぬきながら、息をだしてみよう。

TH

れいぶん:Today is mom’s birthday! (きょうはお母さんの誕生日)

 

birthday

*絵本コーナーの「くまたのホットケーキ」から引用

kumata_smile(くまた):まいにち、誕生日だったらいいのになあ。

あ、誕生日じゃない日も、お祝いすればいいいんだ!

superteacher_normal(スーパーティーチャー):お、くまたくん、博識だね!不思議の国のアリスを読んだのかい?

kumata_what:へ!?なにそれ。

usako_normal(うさこ):わたし、しってる!映画でみたわ!

superteacher_normal:そうそう。映画だと、マッドハッターがでてきて、誕生日じゃない日(Unbirthday) おめでとう! の歌をうたうよね。

原作では、ハンプティ・ダンプティのセリフなんだけどね。

kumata_normal:ふーん。そうなんだ。ま、とにかく、あったらいいよね!

mama_irritate(くまたママ):いまでさえ、毎日遊んでいるだけのに何いっているの!

——————

  にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ

♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—♣—♠—♥—♦—
Kumata_LR-e1388021703827
ネイティブの英語発音ルール、フォニックスを知りたい方は、「くまた英語」を最初から読んでみてね。お話を読むだけで、フォニックスがわかる!